2021.2.10 12:01(1/2ページ)

ヤリイカ、追いノリで大漁!トップ40尾 南房・白浜沖

ヤリイカ、追いノリで大漁!トップ40尾 南房・白浜沖

  • 今井さんが釣ったヤリイカの3点掛け=南房・白浜沖
  • ノリノリ6点掛け
  • ノってくれ!釣り人は誘いを入れて竿先を注視した
  • 当日の仕掛け

 ヤリイカ大漁をお祈りして追いノせだ! 南房のヤリイカが1月後半から群れが固まり、40尾、50尾の釣果が報告されている。5点、6点掛けをはじめ、45センチ超の重量感あるヤリのノリノリタイムを楽しみに、絶好調の千葉県館山市・布良『松栄丸』へ。ブランコ仕掛けを操って、多点掛けを目指しレッツゴー!

 ソーシャルディスタンスを大切に、広く釣り座を配置して9人で出船した。私は左舷の2番目。11センチヅノ7本ブランコ仕掛けをセットし、白浜沖へ。イカの反応を捉えて船が止まると、「どうぞ! 水深は170メートル。少し上まで探ってみて」と黒川一夫船長がアナウンス。皆が一斉に150号のオモリを投げた。

 1投目は素直に底まで落ちたが、アタリはなく、何度か巻き落とし。誘い上げて、少し止めの時間を長くすると竿先がグンと重くなった。多点掛けを意識してゆっくり10メートル巻き上げる。さらに重さが増した。電動リールのレバーをオン。船の揺れをかわしながら、テンションを保ち、巻き上げるとツノが見えてきた。3番目と一番下のツノに本命のヤリイカだ。

 好スタートかと思いきや次のアタリは遠く、イカに代わって魚の気配が出てきた。上からウルメイワシ、サバのアタックが激しい。船はイカを追って流し替える。仕掛けが無事に底に着くと1尾ずつだがヤリが釣れた。

【続きを読む】