2021.2.2 12:00(1/2ページ)

LTで狙うアマダイ 相模湾・茅ヶ崎沖、まだまだ絶好調!

LTで狙うアマダイ 相模湾・茅ヶ崎沖、まだまだ絶好調!

釣り上げられた脂の乗った48センチのアマダイ。まだまだ好調が続く

釣り上げられた脂の乗った48センチのアマダイ。まだまだ好調が続く【拡大】

その他の写真(1/4枚)

 酒蒸しなど京料理の最高食材でもあるアマダイが、今も絶好調だ。例年だと最終コーナーを曲がり最後の直線といったところだが、今シーズンは尻上がりに良くなっている。ライトタックル(LT)で狙い、この時期に2桁の釣果?まるで開幕時のような情報に耳を疑う。確認しようと神奈川県茅ケ崎市・茅ケ崎『まごうの丸』へ急いだ。

 航程15分、港の真正面の沖へ到着すると、三橋勇樹船長から開始の合図が出た。「どうぞ。水深68メートルです」。高潮温の影響か、開幕の頃のような水深だ。2本バリに沖アミを付け投入。底ダチを取り、1メートルタナを切って待つ。右ミヨシで電動リールの巻き上げ音が響く。さらに隣も。ともに本命のアマダイで型は20センチ強と25センチ。トモの釣り人は手巻きで約30センチをゲット。最初の投入で3尾上がった。

 その後、船中5人で7、8尾上がったのに私はゼロ。誘うタナを少し下げてみる。コツンっと小さなアタリ。そのまま竿を大きく立てると、ハリ掛かり。手巻きで最初の引き込みをかわして、電動のスイッチを入れ、中速で巻き上げた。浅いので魚も元気。残り20メートルでアマダイらしき3段引き。テンビンをつかんで海中をのぞく。中型だ。引き抜いてオデコ脱出。35・5センチ。同じ釣り方で3連チャンした。

 「デカイかも」。隣の女性の声に目を向けると、竿が立たない。玉網を持ってスタンバイ。海面に大型がボコっと浮いた。46センチ。立派な魚体にほれぼれだ。船長は同じラインを4回流して、船中で12尾上がった。

【続きを読む】