2021.1.29 12:00(1/2ページ)

【よしもと釣り部通信】ジギングのワラサ好調 横浜市・八幡橋『鴨下丸』から出撃

【よしもと釣り部通信】

ジギングのワラサ好調 横浜市・八幡橋『鴨下丸』から出撃

デニス松下がラッキーヒットさせた34センチのホウボウ=東京湾・観音崎沖

デニス松下がラッキーヒットさせた34センチのホウボウ=東京湾・観音崎沖【拡大】

その他の写真(1/3枚)

 青物ジギングへ行ってきました。船宿に着くと、1年ちょっと前にもお世話になった萩原敏広船長から「ここ数日は厳しい状況だけど、何とか釣ってもらえるよう頑張るよ」と優しく声を掛けていただきます。「何とかして釣りましょう」とサンスポのMデスク。前回、51センチの大型アマダイを仕留めたからか自信がみなぎります。

 観音崎沖の水深40~50メートルでスタート。100~120グラムのジグを投入します。底から20メートルまでがワラサやイナダ級、それより上でサワラが狙えるとのこと。ワンピッチジャークで誘います。早速ミヨシでイナダ級がヒット。ワラサを含め船中ポツポツとアタり、1時間強でトップは3本。渋い状況でもやはり“釣る人は釣る”んです。

 われわれ2人はもちろん“釣れない人は釣れない”側です。きょうも苦戦しそうだと思っていた正午前、Mデスクにヒット。さすが、乗ってる男! そろそろ魚が見えるかなというところで痛恨のバラシ。落ち込む姿を尻目に「いつものMデスクに戻ってくれた」となぜだか安心してしまったのはここだけの話。

 終盤、船中でアタリが続きチャンス到来。3・5キロ前後のワラサが続々上がります。しかし、われわれにだけアタリが来ない。乗り遅れたか? しばらくして僕に待望のアタリ。絶対に釣り上げると願いを込めて巻き上げます。上がってきたのは34センチのホウボウです。

 完全にゲストですが、僕とMデスクはやっと出た1尾に大喜び。本命じゃないのに…という周囲の視線も、われわれ2人の喜びは止まりません。何とかボウズを逃れ、後はウイニングランです。

【続きを読む】