2021.1.27 12:01(1/2ページ)

【女子のミカタ】鬼カサゴ退治!1キロ大鬼ゲット 城ケ島沖

【女子のミカタ】

鬼カサゴ退治!1キロ大鬼ゲット 城ケ島沖

1キロの鬼カサゴを仕留めて、オホホな笑みを浮かべる川目梢記者

1キロの鬼カサゴを仕留めて、オホホな笑みを浮かべる川目梢記者【拡大】

その他の写真(1/5枚)

 もうすぐ節分と来れば真っ赤な鎧のいかついフェースで、鍋料理に最適な鬼カサゴが大本命だ。そんな高級魚を年中狙う神奈川県三浦市・三崎『えいあん丸』へ、川目梢記者が釣り班新加入の速水裕樹記者とともに急行。大ヒット中のアニメ「鬼滅の刃」にあやかり、大鬼を大ヒットさせようと、サンスポ鬼殺隊を結成。“紅蓮の華”を求め鬼退治に出発だ!!

 鬼滅ブームに乗っかって、炭治郎と禰豆子(ねずこ)の気分で釣り開始です。城ケ島沖の水深100メートル。船上では早々、400グラム前後の小鬼がポツポツと上がります。私と鬼カサゴ初挑戦の速水記者は、オモリを底スレスレでキープし、ときどき竿をゆっくり上げて誘うのですが、沈黙が続く。そんな中、「やっと大きいのが上がったよ」と小笠原義勝船長。伊礼一二三さん(50、横浜市)が1・3キロの大鬼をゲット。視界に鮮やかな光景が広がります。

 この状況を打破すべく何か変化をと、餌のサバの切り身の付け方を変えてみた。背側の青い方から付けていたのを、腹側の白い方から付けてみることに。ググン。明らかな生命反応。電動リールのスイッチをオン。60メートル付近で豪快に暴れる。鬼の特徴、本命と確信だ。

 海面に見えるオレンジの影がだんだん大きく見えてくる。デカイ。「れんごくさ~ん」と思わず叫びたくなる魚体。トゲやヒレに加えフサフサした皮弁がある顔は、「鬼滅の刃」の主要キャラ、煉獄杏寿郎のよう。1キロジャストのビッグな本命が、尾ビレを左右に振って登場です。

 後半はオマツリが続出。二枚潮で糸が余計に出ていくので、仕掛けを頻繁に入れ直す。そんな厳しい中、「アタった」と喜ぶ速水記者。しかし上がってきたのは、トンビギス。さらにヒメコダイと続き、だんだん小さくなっていく魚を手に「僕は松本サイズ路線かな」。松本ひでおアナウンサーのような小型連発の釣果にガックシ。私は600グラムと300グラムを追加し、エンディングをバッチリ決めたのでした。

 終わってみれば0・3~1・3キロを0~4尾。二枚潮でちょっと苦戦しましたが、条件が揃えば型も数も上向きな様子を確認。速水記者は「返り討ちに遭いました」とオデコだったものの、市場にあまり出回らない、生で見る大鬼のインパクトにすっかりとりこに。冬から春にかけて活性が高くなる鬼カサゴ、“全集中”で狙い撃ちだ!(川目梢)

【続きを読む】