2021.1.25 12:00

【爆釣大作戦】東京湾のシロギス、数、型ともに好調!

【爆釣大作戦】

東京湾のシロギス、数、型ともに好調!

特集:
爆釣大作戦

 若干ムラはあるものの東京湾のシロギスの成績が安定している。気温、海水温の大幅な低下と共に群れが固まったようで釣果が上向いて来た。サイズも全般に大きくなり、20センチオーバーもかなり交じって来る。釣り場の水深は15~20メートルが中心で遠投しなくても船下で釣れるようになった。この状況ならば、片テンビン仕掛けだけではなく、胴突き仕掛けでも面白い釣りが楽しめる。「小物は道具で釣れ」と言われるようにアタリが小さいこの時期は、穂先の感度がいい竿がお勧めだ。

 【お勧めタックル】

 ◆竿=全長2メートル前後で少し先調子の竿が好適。

 ◆リール=小型スピニング。道糸はPEライン0.8~1号を200メートル巻いておく。

※東京湾奥部の各船宿、神奈川県側の船宿から乗合船が出ている。釣果欄参照。