2021.1.21 12:00(1/2ページ)

【鈴原ありさのこんなのありさ】スミイカ720グラム、ズドン!ありさのハートわしづかみ♪

【鈴原ありさのこんなのありさ】

スミイカ720グラム、ズドン!ありさのハートわしづかみ♪

  • ありささんが釣った肉厚、720グラムのスミイカ。墨爆弾におびえながら、ビッグなお年玉もありさ=東京湾・竹岡沖
  • 墨爆弾に遭い、呆然と立ち尽くすありささん。書き初めができそう?!
  • 目の横をギュッと持てば、墨は吐かず“爆弾防止”に
  • 船長が玉網取りに急行。ヒットしたら、船長に申告し玉網で確実にゲットしよう
  • 当日の仕掛け

 “ズドン”の感触がたまらない東京湾の伝統釣法、テンヤ釣りのスミイカが後半戦に突入です。700グラム超のビッグが飛び出し、良型主体に釣れている横浜市・磯子『根岸丸』へ、ハピソンガールの鈴原ありささんが初釣りで挑戦だ。暴れる活シャコの餌付けに苦戦しながら、シャクり続ければいいことがある。うれしい墨爆弾もありさ?!

 新年1発目のターゲットは、ズドンとくる重みにトリコになってしまうスミイカです。新井清司船長によると、状況は少し厳しいとのことですが、初釣りなので何とかいいスタートを切りたい。この日は風は強くなかったものの、厳しい寒さだったのでたくさん着込み、さらにお腹と背中、太ももにカイロを貼って準備万端、気合を入れていざ出船です。

 竹岡沖に到着し、釣りスタート。少し前までは餌である活シャコが怖かったのですが、テンヤスミイカは3回目ということでだいぶ慣れてきました。最初のポイントは、水深30メートル。テンヤを底まで落とし、少し糸フケを出しながら8秒ほど待ちます。そして11時の角度まで鋭くシャクり、再び底まで落とします。

 これを繰り返すこと1時間。シャクったタイミングでズシンと重みが。来た! スミイカにテンヤをつかまれたのを感じると、私の心臓もギュッとなる。この瞬間がたまらなくドキドキします。「焦らず巻いてくるんだよ!」と、船長が急いで玉網を準備してくれます。ズッシリとした重みを感じながら、心を落ち着かせて巻き上げてようやくネットイン。いいサイズ! 720グラムのスミイカが釣れ、大喜び。やった~! 船長も一緒に喜んでくれました。

【続きを読む】