2021.1.20 12:01(1/2ページ)

【よしもと釣り部通信】アマダイ上昇中!51センチ出たけど…松下21センチ発進 相模湾・佐島沖

【よしもと釣り部通信】

アマダイ上昇中!51センチ出たけど…松下21センチ発進 相模湾・佐島沖

  • Mデスクが釣った51センチのアマダイと、自身が釣った21センチを持つ松下。屈辱もおいしい?!=相模湾・佐島沖
  • 富士山をバックに、釣り糸を垂れながら爆笑&爆釣ヒットを祈願する松下=相模湾・佐島沖
  • 終盤に上がった31センチ。この1尾で単なるスソ確定です
  • 当日の仕掛け

 相模湾の東側のアマダイが、数・型ともに上昇している。日並み次第でトップが2桁の大釣りが記録され、さらに50センチオーバーの大型が交じるように。初釣りにビッグな“めでタイ”を釣って好発進しようと、よしもと釣り部のデニス松下が神奈川県横須賀市・佐島『鶴丸』へ。富士山を眺めながら釣り運を占った。

 初挑戦のアマダイに心躍ります。一緒に向かったサンスポMデスクも初釣りなので気合十分。佐島沖の水深60~80メートル。2本バリに沖アミを付けて投入します。釣り方はシンプル。オモリで何度か底をたたいたら1メートル上げて待ちます。早速アタリが。13センチのトラギスです。「初釣りは僕に軍配が上がりましたね」と宣言すると、すぐにMデスクにもヒット。お返しといわんばかりの18センチのトラギスのダブルです。

 直後に隣でヒット。なんと51センチの特大アマダイです。目が覚めました。僕たちは何をトラギスで張り合っていたんだと。その後、僕らはキダイ、ヒメコダイ、エソ…と本命以外でデッドヒート。トドメにMデスクに鬼カサゴが登場。「本命じゃないっすもんね」と強がるけど高級魚が悔しい僕。「本命じゃないから」と謙遜するけど高級魚がうれしいMデスク。今年も低レベルの争いは続きそう。

 船中ではアマダイが次々上がります。いつも通り、僕とMデスクを除いて。ところが、Mデスクに大物がヒット。なんと51センチのアマダイ。両隣で51センチが上がったのです。そのまま一斉にヒット。同じ右舷の4人中僕以外3人に加え、「左舷もアタってるよ」と鶴蒔英紀船長。どうやら僕以外の船中7人にアマダイが一気にアタった様子。釣りの神様は今年も僕の存在を忘れているようです。

 意気消沈し、置き竿にしていると「アタってるよ」と船長。21センチです。「やっと釣れて、小型っていうのがおいしいね」と船長がフォロー。そうです。僕は芸人。釣れないこともおいしくなる。そのひと言のおかげで、その後エソが来ようがトラギスが来ようが、「参っちゃいますよ」と笑顔で受け流します。芸人という免罪符を手に入れた僕はもはや無敵です。

【続きを読む】