2021.1.13 05:00

【塾長の目指せ年金スロッター】オール6号機時代もきっと負け続ける

【塾長の目指せ年金スロッター】

オール6号機時代もきっと負け続ける

今年もよろしくお願いします(C)New Japan Pro-Wrestling Co.,Ltd.

今年もよろしくお願いします(C)New Japan Pro-Wrestling Co.,Ltd.【拡大】

 既にご存じのように2021年は現存するすべての5号機パチスロがホールから撤去されます。6号機しかないという状況が打ち手やホールにどのような影響を及ぼすのかは実際にそうなってみないと誰にも分からないので、とりあえず知らんがなとだけ言っておきますが、5万突っ込んだら取り返すのは難しい。これに関しては恐らく間違いないと思います。

 それはなぜかと申しますと、6号機は1回の有利区間の長さが最長1500G、出玉は最高で2400枚の上限が設けられているからです。要するに一撃で獲得できる枚数は最大2400枚なので交換率にもよりますが、5万突っ込んでしまうとたとえATを完走したとしてもチャラ、大半はチョイ負けとなるわけです。

 無論、最高設定濃厚と思われる台であれば話は大きく変わってきます。小刻みに当りを重ねれば取り返せる可能性は大いにありますし、もしかしたら新松戸、あるいは北松戸あたりに一戸建を買えるくらいの勝ちは望めるかもしれません。ですが、そもそも最高設定は5万も入らないというのが私でなく上級者の見立て。5万入った時点でその台はゴミ台と見なし、壊れかけのレディオと一緒にゴミ箱に捨てたほうがいいように思います。

 正直、他店を見て回る体力も期待値がプラスになる台を探す気力も持ち合わせていない私は2万ですら取り返すことは難しいと考えていますが、機種知識も含めた立ち回りのスキルを身に付ければ私のようなパチスロ弱者でも勝てるはず。

 時代の変わり目にはいつもそう自らを奮い立たせるのですが、よくよく考えてみたら4号機であれ、5号機であれ、勝てた試しは一度もないことを思い出したので、多分今年もバカみたいに負けます。あけましておめでとうございます。