2021.1.8 12:00(1/3ページ)

【ヘラブナ】超大型狙え、大型管理釣り場で初釣り 埼玉県羽生市『椎の木湖』

【ヘラブナ】

超大型狙え、大型管理釣り場で初釣り 埼玉県羽生市『椎の木湖』

厳寒期でも大型ばかり釣れる椎の木湖。釣り場の計量器で楽しみ倍増

厳寒期でも大型ばかり釣れる椎の木湖。釣り場の計量器で楽しみ倍増【拡大】

その他の写真(1/3枚)

 新年を迎え、初釣りのフィールドに選んだのは、埼玉県羽生市にある『椎の木湖』。大型管理釣り場で、放流されているヘラブナは大型ばかり。活性が最も低い厳寒期にもかかわらず、1キロ超を含む18枚(16・72キロ)に満足する初釣りだった。

 ★概況

 釣り座数416席の大型管理釣り場。1キロを優に超す超大型を多数放流している。最大の特徴は釣り座に自動計量器が設置されており、釣ったその場で重さが量れ、合計重量、枚数、最重量が表示されるため楽しみ倍増。現在の状況は、トップで30キロ超と好調に釣れている。

 ★ポイント

 桟橋が4本あり、水深は2~5・8メートルと変化に富んでいる。この時期、深場の実績が高いが混雑は必至。その際は空いているポイントに入るのもカギ。季節風の影響を受けやすいため、東向きの釣り座に入ることも重要。当日の予報をチェックしておくこと。

 ★釣り方

 宙、底どちらもOK。宙釣りなら9~15尺で竿いっぱいのチョウチン。底なら段差の底釣りに実績が高い。餌はいずれもバラケにウドンのセット。

【続きを読む】