2021.1.5 12:00(1/2ページ)

新年一発目はヤリ&スルメ! 釣果安定、日並み次第で主役逆転

新年一発目はヤリ&スルメ! 釣果安定、日並み次第で主役逆転

小菅さんが仕留めたヤリイカのダブル。スルメも狙える今は楽しさもダブル?=三浦半島・城ケ島沖

小菅さんが仕留めたヤリイカのダブル。スルメも狙える今は楽しさもダブル?=三浦半島・城ケ島沖【拡大】

その他の写真(1/5枚)

 新年一発目は、最近高騰しているイカに注目だ。ヤリイカ主体だったりスルメイカ主体だったりするが、関東各地のイカの釣果は安定している様子。ヤリは型が良くなり肉厚で歯触りのいい食感。スルメは肝たっぷり。どちらも捨てがたいが、近場で上がっているヤリをターゲットに神奈川県横須賀市・長井漆山『春盛丸』へ向かった。

 「沖は潮が速いので城ケ島沖からやってみます。水深195メートル。底付近でやってください。どうぞ」と沼田孝章船長が開始のアナウンス。深い! 11センチヅノ直結8本でスタートした。

 潮は速くなく糸は真っすぐに落ちていく。着底と同時にゆっくり竿をきき上げ、サワリを見極める。2度3度誘いを掛けるが、アタリなし。旋回して再投入。隣で「ノった!」の声。上がってきたのは胴長40センチ超のゴン太スルメだ。パンパンに膨れた胴は上等な肝を蓄えている極上品。次の流しも隣がノせた。パラソル級のヤリイカだ。後が続かず、船長は「速潮覚悟で沖へ行ってみましょう」と移動を告げた。

 約20分で沖の瀬周辺の水深220メートルへ。「どうぞ。スルメ主体だと思います」。仕掛けはそのまま11センチで投入した。すぐに次々と電動リールの巻き上げ音が聞こえる。11センチだから? と考えているとグッと重みが加わった。電動のスイッチをオン。グングンと引き込む。スルメだ。真ん中に付けた糸巻きヅノに掛かっていた。

 やはり潮は速い。「一度上がったら入れないで」と1回で旋回。またも周囲は着底と同時に巻き上げているが、私の仕掛けには反応が鈍い。アピール不足と考え、18センチヅノに仕掛けを替えた。着底しひとシャクリでグン! すぐにノった。ビール瓶のようなスルメがダブルで上がった。

【続きを読む】