2020.12.16 12:00

マダイ8匹!平井憲氏がテンビン・ズボ釣り 和歌山・みなべ堺「純栄丸」/関西フィッシング

マダイ8匹!平井憲氏がテンビン・ズボ釣り 和歌山・みなべ堺「純栄丸」/関西フィッシング

特集:
関西フィッシング
  • 良型マダイをゲットした平井氏
  • 当日の釣果。良型のイトヨリダイも混じった
  • テンビン釣りマダイタックル

 4日、和歌山・みなべ堺漁港の「純栄丸」(湯川佳基船長)に乗船し、テンビン・ズボ釣りでマダイを狙ってきました。ポイントは港から30分ほど。アンカーを掛けてのカカリ釣りです。

 この日の海上は北の風で底潮は緩やかな上り潮。マキエカゴにオキアミを7~8分目詰め、サシエは身がしっかりしたオキアミの尾羽をカットし、ハリ先を腹側に抜き、真っすぐなるように付けました。腹合わせに2匹掛けにするのも有効です。

 正午前、水深60メートルのポイントから100メートルの深場に移動。タナは底から8メートル(マキエカゴの位置)。指示ダナより、仕掛けをハリスの長さの半分ほど下ろし、マキエをまきながら指示ダナの位置に巻き上げ、アタリを待つ。5分ほどで大きく竿をあおりエサを振り出しラインを1メートルほど送り込むと…コツコツのアタリから竿に乗るアタリでアワセを入れて竿を立てテンションを掛けた状態で1メートルほど送ると2度目のアタリでシーファングマダイが弧を描きました。

 心地良く竿をたたき、締め込みながら51センチと53センチのキレイなマダイが海面を割りました。当日の釣果は27~53センチのマダイ8匹、40~49センチのイトヨリ3匹、28~36センチのイサギ5匹、44センチのオキアジ、カイワリ、サバなどと多彩。マダイのアタリはほとんどがベタ底でした。表面海水温も22度を切り、マダイ釣りの絶好期に突入します。これから数・型ともに期待が持てそうです。

 純栄丸では、がま船シーファング真鯛50号2・7メートル、がま船真鯛ハイパースッペク2・7メートルが試釣できますので、ご希望の方は使用の旨を船長に伝えてください。また、仕掛けは船に常時用意しています。さらに、探見丸対応船でスマホでも魚探機能の使用が可能です。ぜひ、お試しを。(がまかつフィールドテスター、平井憲)

 ▼午前6時出船、11時半帰港。料金は1人・1万3000円(エサ・氷付)。電動リールの貸し竿は1本・2000円。無料駐車場・無料仮眠所完備。和歌山県みなべ町堺670の11。問い合わせは「純栄丸」(0739・72・5353)へ。