2020.11.17 12:00

ワラサからハタまで青物五目、サイクルヒットだ! 外房・小湊沖

ワラサからハタまで青物五目、サイクルヒットだ! 外房・小湊沖

  • 写真〔1〕
  • 写真〔2〕
  • 写真〔3〕
  • 写真〔4〕
  • 写真〔5〕
  • 写真〔6〕
  • 青物五目標準仕掛け

 【朝比奈伸幸の“真”釣法】群雄割拠の海で運否天賦の大バトル! 千葉県鴨川市・小湊『寿々木丸』ではシマアジやワラサなどの青物から、イシダイやハタなどの底物まで高級魚を比較的ライトなタックルで狙える五目乗合が好気配。潮と運が味方すれば“サイクルヒット”も夢じゃない。今回は美しくおいしいファイターを手中にするキモを鈴木達也船長と一緒にガイドする。

 ★興奮のビッグファイト!

 夢の大物が潜むのは小湊沖の水深25~30メートルの根周り。当日は東京・品川『丸裕』の丸裕二船長、丸裕貴船長を含む4人が乗船。潮が流れない悪条件下、コマセ釣りで丸裕二船長が2・7キロのワラサを釣ったほか=写真〔1〕、1・5キロ級のイシダイ=同〔2〕=やイナダ級、スマ、小型マダイも出て、全員お土産を確保。小アジ餌の泳がせでは裕貴船長が最大4・7キロのワラサ2本と2・1キロのハタ=同〔3〕=をゲットするなど、外房らしいビッグファイトを連発した=同〔4〕

 鈴木船長は「今回はバラシで型見ずでしたが、潮など条件次第でシマアジも有望。現在泳がせの餌にするアジは朝イチにサビキで狙っていますが、今後釣り場が変わると船内販売の生きイワシになります」と話した。

 ★仕掛けだけチェンジでOK

 タックルの概要は別図を参照。コマセ、泳がせのタックルは共通でよい。コマセ釣りはシマアジを主眼とした2~2・5メートルの2、3本バリと、ワラサ狙いの4~5メートルの1、2本バリを用意。餌の沖アミは大きいものは1尾掛け、小ぶりは抱き合わせ=同〔5〕下2点。ウイリーバケも実績がある=同〔5〕上2点

 泳がせ用はイワシ餌なら親孫式2本バリ仕掛けでいいが、小アジ餌なら餌を弱らせないよう親バリ1本だけに=同〔6〕

 ★コマセ釣りのキモ

 「短い仕掛けで底層のシマアジを狙う場合は小幅のシャクリでコマセを小刻みに出す。長い仕掛けで高めの青物を狙う場合は、大きく竿を振って拡散させるイメージで」と船長。低いタナでのヒットはシマアジの可能性が高いので格段の注意が必要。破れやすい唇にハリ掛かりしている場合を想定して慎重にやり取り。アタリを感知した段階で軽く合わせを入れると上アゴに掛かりやすくなる。

 ★泳がせは早合わせ厳禁

 泳がせで生き餌が大型魚に追われると竿先からもガクガク震える前触れを察知できる。置き竿なら手持ちに変え、水平に構えて食い込みに備える。断続的なアタリを竿の柔軟性で受け、竿の胴から手元まで重量感が伝わるアタリが来たら大きく竿を上げてフッキング。まずは根から引き離し主導権を握ることが第一。初動の引きが強く、止まらない場合はヒラマサの可能性があるので、すぐ船長に申告。他の乗船者も船長の指示に従ってビッグファイトをサポートしよう。

ガイド

〈船宿〉サンスポ推薦=小湊『寿々木丸』電話04・7095・2647〈交通〉JR外房線・安房小湊駅から送迎可。マイカーは館山道・君津ICから房総スカイライン、鴨川有料道路、外房黒潮ライン経由で小湊へ〈料金〉餌コマセ氷付き1万1000円。手巻きリールの貸し竿セット無料。仕掛けは船内販売もあり、シマアジ用3本バリ1組300円、イワシ餌ヒラメ2組入り400円、アジ用サビキ1組300円。予約乗合で5時10分集合。毎月第1、3土曜が定休。