2020.11.5 12:00(1/3ページ)

【バスプロ山木一人のゴーゴールアー】庄之助流SLJでスマだ!アカハタだ!カサゴだ! 外房・川津沖

【バスプロ山木一人のゴーゴールアー】

庄之助流SLJでスマだ!アカハタだ!カサゴだ! 外房・川津沖

  • 良型のスマをSLJで仕留めた山木プロ。女将の良江さんとダブルヒットを喜んだ=外房・川津沖
  • SLJで上がったアカハタ
  • SLJで上がったハタ
  • SLJで上がったカサゴ
  • バスタックルでSLJだ
  • 左から秋葉庄之助船長、良江さん、山木プロ
  • 【使用タックル】タックル〔1〕=左、タックル〔2〕=右

 千葉県勝浦市・勝浦興津港『第五庄之助丸』といえば、イワシ餌を使ったヒラメ釣りで根際ギリギリに仕掛けを入れて攻めるなど、ほかに類を見ない船の流し方をしてくれ、ゲーム性の高い釣りを楽しませてくれる。その秋葉庄之助船長が最近になってルアーを使ったジギングを始めたと聞き、早速、庄之助流SLJ(スーパーライトジギング)を楽しんできた。

 港の乗船場に着くと、船上でテキパキと動く女性の姿が。釣り客ではなさそうだし、誰だろう? と思ったら、なんと船長の奥さま、良江さん! 今は週末限定だが、上乗りさんとして乗船しているとのこと。普段は釣果を気にして出船前はどことなく元気がない秋葉庄之助船長だが、愛する奥さまと一緒の“夫婦船”ということで、元気いっぱいなハイテンションで出港した。

 行川沖から川津沖までの勝浦一帯の水深25~50メートルは、砂地のあちこちに沈み根が多く点在し、ヒラメやマダイ、根魚に青物まで幅広い魚種の好ポイントになっている。まずは勝浦灯台沖からスタート。数日前までは濁り潮が入っていたようだが、海面をのぞくと潮色は良好だったので、まずはイワシの色に近い30グラムのブルー系のジグを落としてみた。

 入り組んだ複雑な根の中でスローにジグを操りながらも、船長のアドバイスを聞きつつ、ボトムを取り直して丁寧に攻める。数投目、明確なアタリに合わせが決まり、姿を見せたのは小型ながら本命のアカハタだ。直後にトモの釣り人が1・5キロのハタをゲットした。

【続きを読む】