2020.11.4 12:01(1/3ページ)

大魔神・佐々木主浩さん、火消し!浅場のマダイ対決、500グラム級2尾で松本アナに勝利

大魔神・佐々木主浩さん、火消し!浅場のマダイ対決、500グラム級2尾で松本アナに勝利

マダイ2尾釣った大魔神が勝利。松本アナは次戦のホームに気合が入ります=東京湾・八景沖

マダイ2尾釣った大魔神が勝利。松本アナは次戦のホームに気合が入ります=東京湾・八景沖【拡大】

 松本ひでおアナウンサー(59)の連載「オフは釣り三昧」と、ライバル紙とのコラボが新ステージへ突入です。米大リーグで活躍した日刊スポーツ野球評論家で“大魔神”こと佐々木主浩さん(52)とのマダコ対決を大逆転で制し、第1ステージ(今年1~6月)は2勝1敗1分けは辛勝。第2ステージ初戦となる今回は映画「釣りバカ日誌」のロケ地としても知られる“アウェー”日刊スポーツ指定=横浜市・金沢八景『太田屋』へ。期間限定“浅場”のマダイに挑戦です。

 「松ちゃん、道具がきたねぇよ」。到着するなり、私の塩まみれの竿を見た大魔神から先制パンチ。でもおっしゃる通りです(汗)。この一撃がこのあと浴びる強烈な右ストレート(?)の前触れだったとは、気付く由もありませんでした…。

 午前7時15分に出船。準備をしなきゃ…なんて思う間もなく、太田一也船長は船を減速させました。目の前に「八景島シーパラダイス」のジェットコースターが見えてますけど…。「ビックリでしょ? でもここで4キロサイズが上がるんですよ」と日刊の寺沢卓デスクは不敵な笑み。水深はわずか20メートルほどなのに。

 最初に竿を揺らしたのは、また君か! そう、私だけでなく最近は大魔神にさえも天敵と言わしめているサンスポの“大魔女”こと川目梢記者。約800グラムの本命を釣り上げて、おーほっほっ! と高らかな笑い。えーい、気持ちを乱すまい。

 ミヨシの大魔神がヒット。約1キロの本命が海面に姿を現したと思ったら…悲劇が起こりました。

【続きを読む】

  • 玉網取りで凡ミスした松本アナに、大魔神は指をさして怒り心頭
  • 船中第1号の800グラムのマダイを釣った川目記者
  • 共に本命を釣って和気あいあい。スーさんとハマちゃんのようなコンビです?!