2020.11.3 12:00(1/2ページ)

人気の餌木、常磐マダコ 異例の湧きの良さで連日2桁釣果

人気の餌木、常磐マダコ 異例の湧きの良さで連日2桁釣果

写真〔1〕

写真〔1〕【拡大】

 【朝比奈伸幸の“真”釣法】快感の手応えを楽しみたいなら、食べ盛り&ノリ盛りのマダコ軍団が待つ海へGO! 流行の餌木タコ釣法は常磐エリアでも大人気。茨城県ひたちなか市・那珂湊『岡重丸』も、0・5~1キロ級主体に連日トップ2桁超と絶好調だ。今回は岡田重光船長、長男の亮船長と一緒に常磐スタイルのキモをガイド。今、釣って冷凍保存すれば正月用にもいけるぞ。

 ★大半5尾以上

 釣り場は那珂湊沖の水深23~25メートル。取材日は潮が流れない上に風も弱く、チョイ投げ探りに対応できる餌木釣りが真価を発揮。最大は1キロ級=写真〔1〕=に留まったが、同時ヒット=同〔2〕=もあり、竿頭13尾、大半5尾以上と好釣果。オデコはテンヤで通した1人だけで餌木釣りのスソは初挑戦の3尾だった。「今年は異例な湧きのよさで、これからはサイズアップにも期待。平場で釣れるうちは餌木釣りをメインでやっていく予定です」と重光船長。

 ★餌木は3本装着

 タックルは別図を参照。竿は30~80号オモリに適合し、ノリを感知できる穂先と、強い胴を持つ8対2~7対3調子なら代用可。亮船長が注意を促していたのは接続部の強度と餌木の数。「鋼線が細いスナップは伸びることがあり、強度が十分なソルトルアーの青物用がお勧め。通常のインナーロック式ならロック部分をペンチで締める=同〔3〕。餌木は最低2本、できれば3本装着してほしい。白、黄色、ピンク、オレンジ系は定番。常磐では黒系も実績がありますよ=同〔4〕=」とアドバイス。

【続きを読む】

  • 写真〔2〕
  • 写真〔3〕
  • 写真〔4〕
  • 写真〔5〕
  • 写真〔6〕
  • 餌木マダコの標準仕掛け図