2020.10.15 12:01(1/2ページ)

【松本ひでおのオフは釣り三昧】野村弘樹氏とカワハギ対決 5年越し夢対決で奇跡の3連続!!

【松本ひでおのオフは釣り三昧】

野村弘樹氏とカワハギ対決 5年越し夢対決で奇跡の3連続!!

野村弘樹さんに2尾差ながら勝利! 意気揚々とVサインを決める松本アナ=相模湾・腰越沖

野村弘樹さんに2尾差ながら勝利! 意気揚々とVサインを決める松本アナ=相模湾・腰越沖【拡大】

 松本ひでおアナウンサー(59)が、再び野球界の釣り仲間と対決です。8月にプロ野球・楽天の元監督で本紙専属評論家のデーブ大久保氏(53)とアジ釣り対決してボロ負けしましたが、今度は横浜(現DeNA)の元投手で本紙専属評論家の野村弘樹氏(51)とカワハギ対決しようと神奈川県鎌倉市・腰越『池田丸』へ。3年ぶりの釣りだという野村さんの前に、松本さんはホームランバッターのごとく自慢の和竿を携え登場です!!

 野村弘樹さんとカワハギ釣りをご一緒しました。野村さんはニッポン放送ショウアップナイターの解説者でもあり、現役時代、コーチ時代含めてもう20年以上お付き合いをさせていただいているのですが、実は5年ほど前から釣りにもハマっていて、いつか一緒に! と話していたのがついに実現したのです。

 午前6時に出船。前日までの雨天続きがウソのような青空です。あとは釣果が伴えば…。腰越沖の水深25メートルを攻めていきます。ほどなく私の竿が激しく引き込まれました。こりゃ、カワハギじゃないよ! 「イナダも回ってるからね」と池田威知朗船長が玉網を準備。が、姿を現したのは約25センチのアイゴ。船長、玉網撤収です(涙)。

 その後もベラ、トラギス、キタマクラなど多彩な外道との格闘が続きましたが、ついに私が本命をヒット。でも15センチの“松本サイズ”です。

 「餌が全部盗られているよ、全くアタリが分からなかった!」。カワハギ釣りのだいご味に、ヒートアップした野村さんも、その後ようやくヒットしたのですが、これまた15センチ…。

 「もっと強い引きを味わいたいよなぁ!」。ストレスのたまった野村さんですが、昼前についに20センチをゲット。「この引きだよ、これこれ」。五木ひろしさん似の細い目がさらに笑顔で細くなりました。

【続きを読む】

  • 下船後は船宿2階に併営する料理店でランチ。松本アナはカワハギのお刺し身や生シラスに舌鼓
  • “ユーチューバー松本”が撮影中。ハギ釣り絶好調でしゃべりも軽やか?!動画はQRコードから
  • 松本秀夫×野村弘樹カワハギ対決QRコード
  • 最大の26センチを釣った川目記者。お腹の辺りがぷっくり、肝パンです
  • 当日の仕掛け