2020.10.12 12:00

【爆釣大作戦】東京湾のシロギス、海水温下がり群れ固まる!

【爆釣大作戦】

東京湾のシロギス、海水温下がり群れ固まる!

特集:
爆釣大作戦

 東京湾のシロギスが気温、海水温の低下とともに釣果が上向いてきた。今シーズンのシロギスは、なかなか数が伸びない状況が続いていたが、ここにきて群れが固まり出したのか徐々に釣果が安定してきた。サイズもアップしており20センチオーバーの良型もかなり交じるようになった。釣り場の水深は一時よりもやや深くなり、15~20メートルが中心で船下でも釣れるようになってきた。仕掛けは片天ビンが一般的だが、最近では胴突きの1、2本バリを使う人も多くなっている。

 【お勧めタックル】

 ◆竿=全長2メートル前後で少し先調子の竿が好適。

 ◆リール=小型スピニング。道糸はPEライン0.8~1号を200メートル巻いておく。

※東京湾奥部の各船宿、神奈川県側の船宿から乗合船が出ている。釣果欄参照。