2020.10.8 12:00(1/3ページ)

【バスプロ山木一人のゴーゴールアー】サワラ開幕!キャスティングで狙う“ブランド物” 東京湾で白熱

【バスプロ山木一人のゴーゴールアー】

サワラ開幕!キャスティングで狙う“ブランド物” 東京湾で白熱

ルアーキャスティングでヒットした良型のサワラ=東京湾・千葉沖

ルアーキャスティングでヒットした良型のサワラ=東京湾・千葉沖【拡大】

 ここ数年、東京湾でサワラ狙いのルアーキャスティングゲームが開幕し、盛り上がっている。釣って楽しいのはもちろん、「本当にサワラ?」と思うような上質な脂が乗った食味の良さも人気の元になっているのは間違いない。そんな“ブランド物”のサワラと東京湾名物のシーバスを求め、千葉市・千葉港『守山丸』で思いきりルアーを投げまくってきた。

 港を出て数分、鳥山が立ち、ナブラも目視できたZOZOマリンスタジアムが間近に見えるポイントからスタートした。開始早々シーバスのヒットで始まり、隣の釣り人にサワラがヒット! 強烈な引きをかわしネットに収まったのは、なかなかの良型だ。すかさずその隣もヒットさせて無事キャッチ! サワラ祭りの一日?! と思わせる最高のスタートとなった。

 千葉沖でサワラの跳ねを追いかけたり、羽田沖まで一発大物を狙いに走っては大型のシーバスが上がったりしたのだが、結果(サワラ80~90センチ0~1本、シーバス30~70センチ1~11本)から言うと、フッコ級の数釣りや良型のシーバス、イナダも数本獲れて釣り自体は一日楽しめたものの、家族や友人にお土産で頼まれていたサワラは残念ながらキャッチできず。

 今回の敗因は、船の近くでサワラの跳ねやボイルが起こり、同船者がヒットさせているときにのんびり構えて写真を撮ったりしていたことです、はい。いくら数が多いとはいえ、時合はもちろん、移動が速いサワラがキャストでルアーが届く範囲にいるチャンスタイムは逃さないで狙い続けなければいけないと改めて実感し、近々リベンジに来なければと釣り欲が沸き上がってきました。

【続きを読む】

  • 山木プロが仕留めた良型のシーバス
  • 片舷で釣り、皆の視線が集まる中、サワラをネットへ
  • 使用タックル
  • 金子輝人船長(左)