2020.9.30 12:01(1/2ページ)

秋のマダイ釣りに強力武器!活エビ使ったひとつテンヤ釣りで好釣果 外房・飯岡沖

秋のマダイ釣りに強力武器!活エビ使ったひとつテンヤ釣りで好釣果 外房・飯岡沖

最終回の快音で800グラムを釣った内田さん。マダイもヤクルト帽も輝いています=外房・飯岡沖

最終回の快音で800グラムを釣った内田さん。マダイもヤクルト帽も輝いています=外房・飯岡沖【拡大】

 秋のマダイ釣りシーズン突入を前に、強力な武器が投入された。9月下旬から千葉県遊漁船連盟加盟の船宿で、活エビを使った釣りが可能になり、ひとつテンヤ釣りで好釣果が出ている。冷凍より餌持ちが良く、アタリが多いと言われ、ファンが集まっている。千葉県旭市・飯岡『優光丸』へ急いだ。

 やや深めのポイントでモーニングラッシュがやって来た。船中11人は活エビをテンヤに付けて、ベタ底で待つ。時折竿をいっぱい上げてゆっくり下ろして誘った。口火を切ったのは、左ミヨシの後藤尚士さん(30、柏市)。「活エビのタイミングを狙ってきました」と約600グラムのマダイを上げてえびす顔だ。

 台風で3日間出られずシケ後初めての出船。4日前は3~12尾だっただけに期待していたが、伊藤高弥船長が最初に向かった水深30メートルのポイントは不発。潮の流れも速い。より底荒れの影響の少ない水深40メートルに移動し、ヒットが連発した。

 実は船中第1号の写真を撮りに行こうと、巻き上げていた私にまさかの“回収ヒット”。宙層にいた500グラムの本命が、第2号として私の桶に転がり込んでくれた。右ミヨシの佐々木優希くん(13、我孫子市)が遊動式テンヤで300グラムをゲット。続々竿が曲がり、この流しで本命が7尾上がった。ワラサやオオニベなどゲストも活エビを狙いにやって来た。

 ベタ底狙いは不発で後半に入り、反応が浮いてきた。「反応が底から10メートルまで出ています。5メートルぐらいタナを切ったら面白いかも」と船長。すぐに優希くんの父、浩己さん(51)が1キロを仕留め「底から5メートルでアタりました。活エビはアタリがよく出るので楽しみにしていました」と喜んだ。

【続きを読む】

  • こちら初回先制の600グラム
  • 子供に玉網取りしてもらうなんて喜びもひとしおです
  • 配られる活エビ。マダイの大好物です
  • 当日の仕掛け図