2020.9.30 12:00(1/5ページ)

Go To Eging!アオリイカ 村西利恵アナが挑戦/関西フィッシング

Go To Eging!アオリイカ 村西利恵アナが挑戦/関西フィッシング

特集:
関西フィッシング
「立神」で胴長16センチのアオリイカをゲットしたカンテレの村西アナ=福井県小浜市(撮影・渡邊大輔)

「立神」で胴長16センチのアオリイカをゲットしたカンテレの村西アナ=福井県小浜市(撮影・渡邊大輔)【拡大】

 秋の気配が感じられるようになった9月17日、いよいよシーズンインしたアオリイカ釣りに行ってきました。磯に渡してもらってエギングに挑戦です。小さいけれど数が釣れる今の時期にぜひ、初物の新子を釣って美味しく食べたい! という思いで福井県小浜市宇久の谷久丸(谷久肇若船長)に向かいました。ハシリのアオリを求め、いざ、Go To Eging!!

 漁港のある宇久までは大阪からは車で2時間半ほど。谷久丸はお父さんが釣り船を、私と同い年の息子さんが渡し船の船長を、女将さんと若女将で民宿をされていて、前日の夜に到着すると、宿では新鮮な魚料理をたくさん準備してくださっていました。夜22時には就寝し、翌朝は4時に準備開始。磯へ渡るたくさんのお客さんとともに5時に出船です。

 私と佐々木師匠は、朝イチは立神(タテガミ)という磯に渡してもらいました。広さ8畳ほどの切り立った岩で、沖にも湾の内側にも投げられる見晴らしの良いポイントです。水は青く澄んでいて、偏向グラスをかけると海中の様子までクッキリ。まずはオレンジや黄色の入った派手系の3号のエギを色んな方向に投げてみます。

 6時半ごろ、足元までシャクってきたところで初めての手応え! そろ~り慎重に巻き取ってみると、目の周りのグリーンが鮮やかなアオリイカが姿を現しました。小さいものは“コロッケ”などと呼ばれますが、これはもう少し縦長幅広、ということで見事“トンカツ”サイズをGET! しかし、その後はしばらく音沙汰なし…。

【続きを読む】

  • 佐々木氏(左)から釣り方のアドバイスを受け、エギをシャクる村西アナ
  • 湾内磯で胴長15センチのアオリイカを仕留めた佐々木氏
  • アオリイカとシオのイタリアン漬け丼
  • 「とんかつ和風料理やまと庵」の「鯖ンバおろしそばセット」
  • 民宿では若船長が定置網で獲った新鮮な魚など豪華な夕食が堪能できます!
  • 佐々木氏おススメエギングタックル
  • 谷久丸