2020.9.29 12:00(1/2ページ)

ワラサフィーバー開幕!東京湾・剣崎沖に新群れがやってきた~

ワラサフィーバー開幕!東京湾・剣崎沖に新群れがやってきた~

両手にワラサ。小菅さん大釣りです=東京湾・剣崎沖

両手にワラサ。小菅さん大釣りです=東京湾・剣崎沖【拡大】

 ついに今季も秋祭りワラサフィーバーがやってきた。一級ポイントである剣崎沖へ新群れが入ったようだ。状況が良い日はクーラー満タンの爆釣も出ている。釣れるワラサも4キロ前後の食べ頃サイズ。刺し身はもちろん照り焼きやブリしゃぶなど秋の味覚を楽しめる。群れが離れる前に三浦半島最南端の船宿、神奈川県三浦市・城ケ島『一休丸』へ急いだ。

 剣崎沖へ向かうと、約20分で大船団が見えてきた。ザッと100隻は超えている。合流し、星野隆洋船長から合図が出た。「タナは上からです。40メートルまで落としてからハリス分誘ってください。どうぞ」。40メートルまでビシを沈め、竿いっぱい振り上げてコマセを振り出し、ハリス6メートル+クッションゴム1メートル分の7メートル巻き上げ、33メートルで待つ。

 すぐにトモで「食った」の声。やり取りを見ているとグッと竿を持っていかれた。来た! 竿がブルブル震える。トモとオマツリだ。ほどいてネットイン。自分の糸をつかむとグングン引っ張る。まだオマツリ? いや、誰もしていない。急いで強引に巻き上げ、ビシをつかむ。差し出す玉網に入り、朝の1投でオデコを回避だ。2~3キロのいわゆるイナワラだ。

 反対の右舷でも同時に2本取り込まれた。仕掛けを入れると、最初にアタらなかった人が順番待ちをしていたかのようにアタる。最初の1投で全員が型を見た。早い人は2本目を掛けている。次々にアタる光景は真のワラサフィーバー。一流し30分で1~3本。まるで1日の釣果のようだ。

 少し移動。「50メートルからハリス分です。どうぞ」。43メートルまで仕掛けを上げ、竿掛けに置く瞬間に竿先が海面に刺さった。ドラグが鳴り、約5メートル走る。デカイと確信。魚がこちらを向いたら高速で巻き、抵抗するときは止め、引き込みをかわす。上がってきたのは4キロ超のおデブサイズ。脂の乗りも抜群だろう。

【続きを読む】

  • 船中あちこちで釣れ上がり、ワラサフィーバーに歓喜だ
  • ヒット!竿の曲がりが気持ちいい
  • 当日の仕掛け