2020.9.25 12:00(2/2ページ)

【松本ひでおのオフは釣り三昧】イシモチの2点掛けにニンマリ 横浜市『大黒海づり施設』

【松本ひでおのオフは釣り三昧】

イシモチの2点掛けにニンマリ 横浜市『大黒海づり施設』

マダコ狙いの釣り人は魚の切り身を付けた餌木を遠投し、400グラム級をゲット

マダコ狙いの釣り人は魚の切り身を付けた餌木を遠投し、400グラム級をゲット【拡大】

 ため息をつきながらふとお隣に目をやると、ご年配男性が投げ釣りで25センチ級のイシモチを次々と上げています。聞くと「50~60メートル投げると結構来ますよ」とのこと。投げの準備はなかったのですが、とりあえず売店で青イソメを購入。2・7メートルの竿に粗末なスピニングを装着、胴突き仕掛けは持っていなかったので、デスクにもらいました(さんざん悪態をついておきながら!)。

 何回か投げていたら、着底とほぼ同時にガサゴソって魚信が伝わってきました。疑心暗鬼にしばらく待っていたらまたゴツッ。グイッと合わせるとドーンとノりました(長嶋茂雄さんかっ!)。グイグイと強烈なファイト。なんとイシモチの2点掛け。別名シログチ。グーグーとグチ(愚痴)の輪唱であります。

 やれやれ、写真が撮れて良かった。もう1尾追加。お隣の名人はトリプルもあり、トータル20尾以上釣っていらっしゃいました。

 後半はデスクに餌木を借りてマダコ狙い。でもアタリはなく、遠投して探っていたら根掛かりで餌木をロスト。デスク、もろもろすまん(汗)。(フリーアナウンサー)

 ◆施設長の平井正さん

 「密にならず楽しめると、家族で来る人が増えました。今年の釣果ですが、マゴチは数型ともに良かった。アジはムラがあり、条件にもよるが夕マズメが狙い目。朝の早い時間はシーバスがいい。イシモチは7本バリで40、50尾釣る人も。マダコは以前からファンが多く、今年も好調で2桁釣果も報告されています。テンヤにサバの切り身などの餌を付けた方が餌木より釣れている。これから冬に向けて型が期待できます」

ガイド

〈案内〉『大黒海づり施設』電話045・506・3539〈交通〉JR鶴見駅または京急鶴見駅下車、17系統バスで大黒海づり公園下車。マイカーは、首都高速湾岸線・大黒ICから約5分〈料金〉大人900円、中学生450円、小学生300円。営業時間は午前6時から午後7時まで。奇数月の第3火曜日が定休。現在、先着入場システムだが、10月上旬に変更予定(詳細はホームページで)。姉妹施設の磯子(定員175人)、本牧(定員160人)の両海づり施設も定員を減らして営業中。

  • イシモチのダブルを釣った松本アナ。半ば諦めモードでしたが、釣れた途端「帰って昆布締めだ」とゴキゲンでした