2020.9.23 12:01(1/2ページ)

ヒラメ3・4キロ!数から型狙いへ 外房・銚子沖

ヒラメ3・4キロ!数から型狙いへ 外房・銚子沖

船中最大3・4キロのヒラメを釣り、得意技の釣った魚の顔まねで喜ぶ佐々木政光さん=外房・銚子沖

船中最大3・4キロのヒラメを釣り、得意技の釣った魚の顔まねで喜ぶ佐々木政光さん=外房・銚子沖【拡大】

 外房・銚子沖で6月に解禁したヒラメは、数釣りから型狙いへ変わってきた。3~5キロの大型が上がっており、餌となる小魚の群れが固まってくるこれからに期待が高まる。大判ヒラメを狙って、千葉県銚子市・銚子外川『福田丸』へ向かった。

 船は利根川の河口から大根のポイントへ向かった。水深は28メートル。「やってみて。潮が速いかも」と福田稔船長。私の釣り座は右舷ミヨシから2番目。仕掛けを投入すると潮が速く、60号オモリで底を取るのが難しい。ミヨシの常連さんの竿に異変が。餌のイワシが暴れ、竿先がたたかれ、ゆっくり絞り込まれた。船中第1号となる約1キロのヒラメが上がった。

 これを機に皆にアタリが出始めた。「バレた」「すっぽ抜けた」との声も。私の竿にもアタリ。緊張が走ったが、すぐ静かに。仕掛けを回収するとイワシが取られていた。アタリはあるもののなかなか掛けられない。

 早くも3枚目を釣った常連さんに聞くと、オモリを底に着けたままにしているという。確かに海底からオモリを上げると、仕掛けが流されて安定しない。波の揺れを竿でかわしながら、オモリを底に着けるとすぐにイワシが暴れ始めた。

 流れがあるので竿先は上げず送らず耐える。ギューンと強烈な引き込み。大きく竿を立て合わせる。重い。「無理しないでゆっくり」と常連さんが玉網を構えた。良型が海面を滑るように姿を見せた。2・6キロの肉厚の本命だ。思わず「やったー!」と腕を振り上げた。続いて同舷で3・1キロが上がった。

【続きを読む】

  • トップは9枚!
  • 2・6キロが玉網に収まり、今井さんも歓喜
  • 当日の仕掛け