2020.9.21 05:00

【甘口辛口】シルバーウィークには背を向けたシルバー世代 インフル予防の「GoTo接種」で引けた腰も元に戻るかも

【甘口辛口】

シルバーウィークには背を向けたシルバー世代 インフル予防の「GoTo接種」で引けた腰も元に戻るかも

 ■9月21日 シルバーウイークとやらで、観光地や入場制限が緩和されたプロスポーツなど各種のイベントに多くの人が集まっている。それぞれ新型コロナウイルスの感染予防に細心の注意を払ってはいるだろうが、バカンス明けのフランス、スペインなど欧州各地で感染が再拡大している状況をみると心配にはなる。

 特に東京都は新規感染者が200人を超える日も多く、先週のモニタリング会議では「増加傾向が続くことへの厳重な警戒が必要」と反転増加への警鐘が鳴らされた。小池都知事は「再拡大までギリギリのギリ」と表現し、シルバーウイーク中「体調の悪い人はご無理なさらぬよう」と呼びかけた。

 もっとも、観光地のほか映画館や寄席などでは65歳以上のシルバー世代は明らかに足が遠のいているという。映画は60歳から割引料金になる。それでも腰が引けるのは「感染したら高齢者は重症化する」との恐怖がしみ込んだからだろう。「シルバー層にいかに安心してきてもらえるかが今後の課題」とテレビニュースで映画館主が話していた。

 「Go To トラベル」に東京が追加されるのは10月1日。「65歳以上にとってその日はもっと切実な“解禁日”かも」と知人が教えてくれた。新型コロナとインフルエンザの同時流行に備え、東京都は通常数千円のインフル予防接種を今年は65歳以上は無償化し10月1日から優先的に接種を始めるからだ。

 インフルエンザと新型コロナは見分けがつきにくい。どちらにせよインフルの予防接種をしておけば重症化を防ぐ効果は期待できる。シルバーウイークには背を向けたシルバー世代も「Go To 接種」で引けた腰も元に戻るかもしれない。(今村忠)