2020.9.15 12:00(1/2ページ)

相模湾の風物詩“マグカツ”秋祭り クーラー満タンあるぞ

相模湾の風物詩“マグカツ”秋祭り クーラー満タンあるぞ

立て続けにゲットした小菅さん。脂がバッチリ乗った新鮮な本ガツオは絶品です=相模湾内

立て続けにゲットした小菅さん。脂がバッチリ乗った新鮮な本ガツオは絶品です=相模湾内【拡大】

 8月1日に解禁となったコマセ釣りのキハダ&本ガツオが、1カ月近く遅れて一気に釣れ出した。“マグカツ”と呼ばれる相模湾の風物詩は、各イベント自粛の中、夏祭りの様相だ。日によって、本ガツオが釣れすぎてクーラー満タンも。さらに20キロ以上のキハダが交じるのだからたまらない。ダイナミックな引き込みを体験しに、千葉県から唯一乗合船を出している鋸南町・安房勝山『萬栄丸』へ向かった。

 好釣果を聞きつけた釣り人が港に大勢来ていた。大型船3隻に分乗して出船すると、松井大船長が「ポイントまで1時間30分かかりますが、ナブラがあればすぐにやります。準備しておいてください」とアナウンス。凪の海を相模湾へ向かう。本ガツオのお土産を確保したいので16号2メートル仕掛けをセットした。

 大磯が見えたころ、数隻固まっている。夏祭りの開始か? イワシのナブラが前方に見えた。船が音を立てて止まった。「10メートルから上をやって」。遅れることなくビシを入れる。12メートルからコマセを2度振り、アタリを待つ。「食ったぞ」の声。左舷胴の間と右舷トモ寄りで同時ヒット。やや小ぶりの1・5キロ前後の本ガツオが上がった。

 すぐに群れを追い掛ける。周囲は順調にアタり、ハマれば何人か同時ヒット。5流し目で私の竿が曲がった。コマセを振りながら上へ竿を向けた瞬間持っていかれたのだ。竿を脇に抱え、踏ん張る。ドラグを締めて一気に巻き上げると、良型が円を描くように海面で抵抗。ビシをつかみ、差し出された玉網に引き込んだとき、ハリが外れた。推定3キロが…。またヒット。魚が上を向いたら高速巻き上げ。中乗りの玉網に2キロ弱が収まり、オデコ回避。次の流しで同型を追加した。

【続きを読む】

  • 取材2日後に上がった26キロのキハダ
  • キハダか。100メートル以上糸が引っ張り出されてからファイトの始まりだ
  • 当日の仕掛け