2020.9.3 12:00(1/2ページ)

ゴールデンタイムにマダイ爆釣!ありさ、ひとつテンヤに初挑戦

ゴールデンタイムにマダイ爆釣!ありさ、ひとつテンヤに初挑戦

ゴールデンタイムの爆釣モードで800グラムのマダイをゲットしたありささん。ひとつテンヤのとりこです♪=外房・大原沖

ゴールデンタイムの爆釣モードで800グラムのマダイをゲットしたありささん。ひとつテンヤのとりこです♪=外房・大原沖【拡大】

 秋の数釣りシーズン目前の外房・大原沖で、ツ抜けが飛び出すほどマダイが好調に釣れている。型も“魚の王様”らしく5キロ超が上がっている千葉県いすみ市・大原『つる丸』で、ハピソンガールの鈴原ありささんがひとつテンヤ釣りに初挑戦。ハタなどさまざまなゲストを楽しみながら、夕まずめのゴールデンタイムに爆釣もありさ?!

 テンヤマダイに初挑戦です。実はずっとやってみたかった釣りの一つ。「やれば絶対ハマる釣りだと思うよ」とサンスポの川目梢記者から聞いていたので楽しみにしていました。

 午後船だったので、いつもよりゆっくりと準備して船宿へ。正午に出船し、大原沖の水深20メートルに到着です。分からないことだらけの私にとても優しくレクチャーしてくださったのは、岩瀬正尚船長と中乗りの女良圭佑さん。餌の付け方から誘い方まで分かりやすく丁寧に教えてくださったので安心して釣りをすることができます。

 まずは餌のエビを真っすぐ付けることがポイントだそう。スプールを押さえながらテンヤを落としていきます。着底したらすぐに糸フケを取り、海底から少し上げたところでアタリを待ちます。軽くシャクリ上げ、ゆっくり落としていくのも良い誘いになるそうです。

 早速周りでポツポツと釣れ始め、コツコツと私にもアタリが。でも気付いたときには遅くてノらず…。「とにかく違和感があったら合わせてみてね」と船長。その後、コツコツとアタリがあったので今度は即合わせ。さっきの小さなアタリとは裏腹に、グングンッと突っ込むような強い引きにビックリ。焦らずゆっくり巻き上げると、きれいなマダイの姿が。やった! 300グラム級ですが1尾釣り上げた瞬間から、この釣りに魅了されてしまいました。

【続きを読む】

  • 中乗りの女良圭祐さんがマンツーマンで指導。まずは着底の基本から
  • 同行の川目記者は高級魚のハタをゲット。イナダやウマヅラなどゲストが盛りだくさん
  • 当日の仕掛け