2020.9.1 12:00(1/2ページ)

ヤリイカ開幕!トップ30~40尾 三浦半島・城ケ島東沖

ヤリイカ開幕!トップ30~40尾 三浦半島・城ケ島東沖

小菅さんが仕留めた期間限定絶品ヤリイカのダブル。ついに開幕です=三浦半島・城ケ島東沖

小菅さんが仕留めた期間限定絶品ヤリイカのダブル。ついに開幕です=三浦半島・城ケ島東沖【拡大】

 今年もこの時期にやってきた。潮温低下でスルメの回遊が1カ月遅れだったが、ヤリは順調。お盆過ぎに模様が見え、チビっ子のせいか難度が高くなかなか釣れなかった。しかしツノを抱くほどに成長し、いよいよ開幕。初期のヤリは身が軟らかく、しっとり甘い刺し身は絶品。大きくなる前にイカ釣りの聖地、神奈川県横須賀市・長井漆山『春盛丸』へ向かった。

 城ケ島東沖に着くと、僚船が集まっていた。反応を捉えた沼田孝章船長が開始の合図。「水深100メートルです。底付近やってください」。朝はスルメが交じる可能性があるので14センチヅノ12本の直結仕掛けをほうり込んだ。

 宙層を意識しながら着底。今度はスローで巻き上げてサワリを見るが、アタリなし。同様の流しが続く。6回目の投入。「水深108メートル。80メートルから出ています」。浮いている? 仕掛け分を考慮して70メートルからサミングする。底付近でちょこんと竿先に軟らかいアタリ。ゆっくり竿をあおって止めると、また何かがサワる。ヤリイカ?

 11センチヅノ直結8本に変更した。隣で「ノった」の声。スルメだ。次の流しでまたも隣から「ノった」の声。今度は見事船中1号、胴長18センチ前後のヤリイカだ。私も丁重にゆっくりと誘い上げる。ちょこんからキュンへ。ノった! バレないように低速で巻く。手繰ると赤白の糸巻きヅノとピンクのツノにダブル。同型の本命が釣れた。これだ、期間限定物は。

 その後スルメ優勢となり、午前10時半の時点で船中のヤリは4尾。ミヨシ左舷で「いたよ~」の女性の声。かわいいヤリが上がった。直後、私の竿にもアタリ。低速で巻く竿先がクンクン。合わせを入れずに丁寧に巻き続けると、重みが増した。1尾じゃないぞ! 3点掛けだ。すぐに投入して今度はダブル。ミヨシでも2点2点2点と3回で6尾。プチ入れ掛かりだが、サメがウロウロして横取り。仕方なく移動が告げられた。

 イカの活性は良くなり投入ごとにアタリが頻発するが、簡単には掛けられない。そこも貴重なイカのゆえんなのだろう。初物ヤリ10尾とスルメ1尾を確保。竿頭はヤリだけで14尾。日並み次第で30~40尾も。スルメからバトンタッチし、春までロングランの主役となるヤリイカ。絶品チビっ子は今が限定なので早めの釣行がお勧めだ。(APC・小菅義弘)

【続きを読む】

  • 相手は小さい。アタリを見逃すな
  • 子連れアングラーも絶品ヤリイカをゲット
  • 当日の仕掛け