2020.8.26 12:01(1/2ページ)

秋の行楽シーズンにファミリーで楽しめるアカハタ テンヤや胴突きでアタリ多数

秋の行楽シーズンにファミリーで楽しめるアカハタ テンヤや胴突きでアタリ多数

今井さんがテンヤ&ワームで釣った33センチの良型アカハタ。手軽に高級魚を楽しもう=相模湾・諸磯沖

今井さんがテンヤ&ワームで釣った33センチの良型アカハタ。手軽に高級魚を楽しもう=相模湾・諸磯沖【拡大】

 浅場で簡単に高級魚を釣ろう! アカハタ釣りを始めたと聞き、神奈川県三浦市・小網代『やまはち丸』へ向かった。港近くの浅場へ、テンヤや胴突き仕掛けを投入すれば、アタリ多数で食い活発。カサゴ交じりで好調に釣れており、30センチを超える大型も潜んでいるというからドキドキ。秋の行楽シーズンにうってつけだ。

 猛暑予報が出ていたのに、港に着くと秋の風が気持ち良く吹いていた。出船してすぐにポイントの諸磯沖に到着。水深は10~15メートル。まずは胴突き仕掛けをチョイス。オモリは20号。2本バリにサバの短冊をチョン掛けにして1投目。オモリが底に着いた途端、ガツンと大きなアタリが来た。根に潜られないように竿で耐える。ドキドキのファーストフィッシュはなんと32センチのメバル。いきなり尺メバルの登場に本命への期待が高まった。

 出口訓船長が流し替えると、今度は20センチ前後のカサゴが面白いように釣れ出した。同乗した息子の奨船長も入れ食いでダブルも登場。大きく誘い上げてゆっくり落とし込むと飛びついてくるようで、順調に数を伸ばした。「底で派手に誘ったり動かさなかったりすると、キタマクラが寄ってきてハリスを切られるから気を付けて」と訓船長。水分補給のため、置き竿にしたらハリスが全部切られてしまった。

【続きを読む】

  • 胴突き仕掛けで奨船長が釣ったカサゴ
  • アカハタ、メバル、カサゴと高級根魚三昧です
  • 当日の仕掛け・テンヤ釣り