2020.8.20 12:00(1/3ページ)

【松本ひでおのオフは釣り三昧】真夏のアジ対決、デーブ圧勝 松本アナ30尾

【松本ひでおのオフは釣り三昧】

真夏のアジ対決、デーブ圧勝 松本アナ30尾

40センチのジャンボアジを釣ったデーブさん。松本アナがうらめしそう=東京湾・猿島沖

40センチのジャンボアジを釣ったデーブさん。松本アナがうらめしそう=東京湾・猿島沖【拡大】

 勢いに乗る松本ひでおアナウンサー(59)が、ビッグな敵と釣り対戦です。米大リーグで活躍した日刊スポーツ評論家の“大魔神”こと佐々木主浩氏(52)との釣り対決を2勝1敗1分けで劇的勝利したばかりですが、今度はプロ野球・楽天の元監督で本紙専属評論家のデーブ大久保氏(53)と神奈川県横須賀市・横須賀安浦『こうゆう丸』でアジ対決。カワハギ釣り以来約20年ぶりという釣りバトルで雪辱は果たせる?!

 “戦場”は、『こうゆう丸』の午前アジ船(荻野勝美船長)。猿島沖の水深20~35メートル、タナは底から3メートルでスタートです。デーブさんは初チャレンジの魚種でしたが、いやはや…やっぱりトップアスリートのセンスはスゴいですね。出船前に教わった釣り方をあっという間にマスターし、序盤からヒットを連発。私もアタるんですが、なぜかバラしてばかり…。

 デーブさんは、プロの資格を持っていることからゴルフのイメージが強いと思いますが、実は少年時代は故郷・大洗の海で釣り三昧。ニッポン放送ショウアップナイターの解説者時代(1996年~2007年)も何度か釣りにお付き合いを頂き、真冬の深夜、内房・岩井の釣り宿に駆けつけてくれたことも。寒い中、カワハギをやり、船中トップでした。

 それ以来となる今回の対決は、ユーチューブの企画として私が提案しました。デーブさんは6月に「デーブ大久保チャンネル」を開設、登録者数が4万人を超える人気サイトに。フジテレビのCSプロ野球ニュースでご一緒したときに「釣りの動画も面白いよ」とお誘いしたというわけです。

【続きを読む】

  • 釣り歴50年は伊達じゃない?!引き抜くアジは小さな“松本サイズ”ばかり
  • 試合終了でお手上げの松本アナ。あまりにも動かない竿先へ、沖なのにトンボが止まりに来たほど
  • 当日の仕掛け