2020.8.14 12:00(1/2ページ)

【女子のミカタ】餌木マダコで頼れる恵木さん トラブルお任せ!

【女子のミカタ】

餌木マダコで頼れる恵木さん トラブルお任せ!

恵木明神のおかげ? 川目記者が思わずタコ踊りする700グラムのマダコ。ライバル紙のカメラマンのナイスショットです=東京湾・木更津沖

恵木明神のおかげ? 川目記者が思わずタコ踊りする700グラムのマダコ。ライバル紙のカメラマンのナイスショットです=東京湾・木更津沖【拡大】

 オマツリ、根掛かり…船上でのさまざまなSOSに駆けつけてくれる強いミカタ。今回はスーパー中乗りさん編です。千葉県船橋市・船橋『内木丸』から、「女性や子供にはひいきします(笑)」と中乗り歴5年、釣り歴46年の恵木慎一さん(51)が登場です。

 ターゲットは、“恵木さん”に教わる“餌木マダコ”。決してギャグではないのですが、何か相性が良さそうな旬の獲物です。大きめの餌木にパルパルスッテをチョイス。木更津沖の水深15メートルで開始早々、周りでムニュッが連発です。恵木さんも合間を見つけながら竿を出し、早々に2尾をゲット。沈黙の私にプレッシャーをかけます。

 恵木さんはカワハギ釣りが大好き。船舶免許もあり、内木章人船長の代打で操船することも。さらに不思議な力を持っています。「俺が釣ったタコで、不思議と釣れちゃうんだよなー」と“恵木明神の守りダコ”を私の空っぽのバケツへイン。「スタンダードな餌木1つで」とシンプル仕掛けに変えるアドバイスも追加です。

 笑っちゃうほど結果はすぐに出た。ググ~、鈍い重み。グ~ンと合わせ、竿が弧を描きながら約600グラムのマダコが登場です。さて待望のマダコで写真撮影タ~イム。私のお隣、よく聞くと、ライバル紙のカメラマンお2人じゃあないですかっ。せっかくプロがいるので撮影をお願い。快く応じていただき、写真はバッチリ。さらにもう2尾追加し、3尾で納竿となりました。

【続きを読む】

  • 出船前のレクチャーから頼りになります
  • 餌木を持つ恵木さん。綾野剛似です
  • 竿釣りのマダコ標準仕掛け