2020.7.30 05:00

【新台つまみ食い】凄い出玉スピード!期待の1台「大工の源さん 超韋駄天」

【新台つまみ食い】

凄い出玉スピード!期待の1台「大工の源さん 超韋駄天」

特集:
新台紹介
“超韋駄天”時速3万発!?ともいわれる「大工の源さん」の新台

“超韋駄天”時速3万発!?ともいわれる「大工の源さん」の新台【拡大】

 初代の『ビッグドリーム』や『ダンバイン』は両機種ともすぐに爆発的ヒットとなったわけではなく、打ち手の口コミでジワジワと増台を伸ばしホールの人気機種となりました。

 導入当初に「あれめちゃくちゃ面白い!」と騒いでるパチンコ雑誌の編集さんやライターが多くいましたが、関係者が面白いと騒ぐ=絶対に売れる台というわけではないので、何か法則がないか考えました。

 出玉スピードも関係あるんじゃないか?というひとつの仮説にたどり着きました。面白いという点だけで台を推すと、自分のテンションとは裏腹になぜか世の中的にヒットせず減台→撤去なんて悲しい展開も少なくないのです。ライターとしてこれほど、無力さに打ちひしがれる瞬間はありません。

 入院中の少年とホームランを打つ約束をしたのに試合に寝坊してしまったプロ野球選手とか、クシャミをしてお宝をぶっ壊してしまったお宝鑑定団の人が感じるくらいの無力さなので、パチ業界関係者が面白いと騒ぐに加えて、優秀な出玉スピードという条件をクリアした台なら推せる! 悲しいことにはならないと常々思っておりました。

 その条件をクリアした台が今回つまみ食いした「大工の源さん 超韋駄天」になります。右打ちに入ったらとにかく速く、連チャン率も約93%と破格です。

 業界関係者ではなく、面識のない酔っ払いから「新しい大工の源さんは開発したメーカーを褒めないとだね」と絡まれた事実からも、そのすごさは伝わるのではないでしょうか。

 その方は初打ちの源さんで『一撃3万発出たスピード感』が忘れられず、見たことがあるパチンコ(関係)の人だから、と僕に話しかけたそうです。口コミが広がる瞬間も経験できたので今年から来年へ、期待の1台です。