2020.7.30 12:00(1/2ページ)

【鈴原ありさのこんなのありさ】好調の江戸前マダコ、東京湾の各ポイントで数釣り

【鈴原ありさのこんなのありさ】

好調の江戸前マダコ、東京湾の各ポイントで数釣り

約400グラムのマダコをゲット! 食べておいしいサイズにありささんもニッコリ=東京湾・横浜沖~小柴沖

約400グラムのマダコをゲット! 食べておいしいサイズにありささんもニッコリ=東京湾・横浜沖~小柴沖【拡大】

 ムニュ~っとノる感覚がやみつき!! 江戸前のマダコが東京湾の各ポイントで数釣りを楽しませてくれています。7月1日にスタートした小柴沖は大型が出ることで知られ、小柴沖を熟知した横浜市・金沢八景『小柴丸』では4・6キロも登場しました。小柄なハピソンガールの鈴原ありささんが、はやりの餌木に初挑戦し、ハピソングッズを光らせてトライ。大ダコとダンスタイムもありさ?!

 船宿に到着後、船宿が徹底している手洗い&アルコール消毒など感染対策をしてから午前7時50分に出船です。前日までずっと雨が続いていたので心配していましたが、曇りで釣りしやすいお天気でした。

 今回は手釣りで、その先にイエローの餌木とピンクのスッテをセット。そしてHapysonの「タコ寄せライト タコピカ!」も一緒に付けました。こちらはタコをLEDの光で集め、8ヘルツ点滅で強烈にアピールしてくれます。派手好きなマダコにはピッタリのアイテムです。

 小柴沖の水深10メートルに到着し、仕掛けを底まで落とします。あとはひたすらコヅくだけ。なんと最初の1投目で来た…のは隣にいたサンスポの川目梢記者。それを見て私も釣りたいとさらにヤル気が出ます。

 これまではカニを付けたマダコテンヤを使っていました。今回初挑戦の餌木は、比較的軽いのでずっとコヅいていても疲れにくい。女性や初心者にもいいですね。「重みを感じたら即合わせした方がいいよ」と鈴木仁船長がアドバイス。少しでも違和感があったら、とにかく合わせてみるのが良いそうです。

 横浜沖へ移動し、周りでポツポツ釣れ始めるものの、私には反応がありません。時間がたつにつれ、焦りが出てきます。気が付けば正午を回っていました。残り3時間しかない…でもここで諦めてはいけないと、汗ばむ手でコヅき続けます。

【続きを読む】

  • 大ダコを狙って、餌木+手釣りでコヅき続ける=東京湾・横浜沖~小柴沖
  • 写真(1)
  • 当日の仕掛け