2020.7.29 12:00(1/2ページ)

村西利恵アナ、尾長グレ40センチオーバー!/関西フィッシング

村西利恵アナ、尾長グレ40センチオーバー!/関西フィッシング

特集:
関西フィッシング
完全フカセで40センチオーバーの尾長グレをゲットした村西アナ。太糸に任せ、強い引きを楽しんだ=串本町沖(撮影・渡邊大輔)

完全フカセで40センチオーバーの尾長グレをゲットした村西アナ。太糸に任せ、強い引きを楽しんだ=串本町沖(撮影・渡邊大輔)【拡大】

 毎年、夏のお楽しみとなった和歌山・潮岬沖の本ガツオ釣り。今年は6月中に群れが接岸し、3キロ級を頭に1人で10匹以上釣り上げる強者も出現するなど好スタートで発進した。梅雨の晴れ間に恵まれた22日、和歌山・串本町のオーシャンフィールド(藤田渡船)にカンテレの村西利恵アナ&釣り女師コラムニストの住田美緒ちゃんが乗船。石鯛リール&オキアミエサの完全フカセで好敵手に挑んだ。

 こんにちは。今回は夏に絶対釣りたい魚! カツオを狙いに和歌山県串本町へ行ってきました。魚影の濃い串本での旬の釣りを幅広くサポートしてくださる「オーシャンフィールド」に乗っての完全フカセ釣りです。

 6月はかなり良いサイズのカツオが釣れていたそうなのですが、度重なる大雨で来訪が延期に。なんとか1匹ありつければ…と祈る気持ちで藤田渡船へ向かいました。

 金髪がトレードマークの藤田船長に笑顔で迎えていただき、朝5時20分に古座川河口の護岸から出船。串本のカツオ釣りは遊漁船間で朝6時~正午までと時間を取り決めているそうで、ジャスト6時に釣りが開始できるよう船団の中でスタンバイします。

 カツオフカセの仕掛けは道糸に直接ハリを結び、そのハリにオキアミを2匹向かい合わせにつけたもの。石鯛リールのドラグを緩め、道糸を手でたぐり出して素早く海中に降ろします。同時に海面にオキアミを撒いて、サシエと同じ速度で海中に流れていくように送り込むのが肝心です。

 6時、汽笛の合図とともに釣り始めると、船に姿を見せたのはイサギ&脂が乗ったゴマサバ。本命のカツオだと瞬時にドラグ音が響きわたるのですが、この2匹はそれなりに抵抗するもスルスルと上がってきます。と、そこからムロアジの大群が現れてしばらくエサを取られるもどかしい時間。8時前になってやっと、他船で「当たった」「1本とれた」「切られた」とのカツオ情報が無線で飛び交い始めました。すると遂に、うちの船のミヨシからギギーッという激しいドラグ音。明らかに今までの魚とは違う引きを見せて上がってきたのは、本命のカツオ! 一気に船が活気づきます。私にもきっとチャンスは来るはず…と信じて仕掛けを流していると、今までにないグングンッとした力強いアタリ! やり取りを楽しんで姿が見えたのは、40センチオーバーの尾長グレでした。これはこれでうれしいけど…。

【続きを読む】

  • イサギ入れ食い!
  • 美緒ちゃん、良型尾長に大満足
  • 海面に浮いた尾長グレを玉網へ誘導する村西アナ
  • 当日の釣果。グレ、イサギ、ゴマサバ、ムロアジなどでクーラーは満タン
  • サシエは浜市のオキアミLを抱き合わせで
  • カツオ狙いの完全フカセ仕掛け
  • 藤田渡船オーシャンフィールド
  • グレのてごね寿司
  • サバの刺し身