2020.7.23 12:00(1/3ページ)

ツ抜け狙える鬼カサゴ “鬼滅”だ!良型がヒット連発! 三浦半島城ケ島沖

ツ抜け狙える鬼カサゴ “鬼滅”だ!良型がヒット連発! 三浦半島城ケ島沖

潮を制して、川目記者が退治した700グラムの鬼カサゴ。女将特製の鬼カサゴのマスクも着けてご機嫌です=三浦半島・城ケ島沖

潮を制して、川目記者が退治した700グラムの鬼カサゴ。女将特製の鬼カサゴのマスクも着けてご機嫌です=三浦半島・城ケ島沖【拡大】

 スカッとする夏空に真っ赤な魚体、いかついフェースが迫力満点の鬼カサゴと対決だ。冬場より浅めの水深で活発な動きを見せており、夏場は超高級魚入門にうってつけ。しゃれた暑中見舞いにぴったりなポストカードになった神奈川県三浦市・三崎『えいあん丸』へ、“鬼滅の刃”を振り抜き鬼退治へレッツゴー!!

 連日の風雨の合間を縫って向かったのに、別の敵が待ち構えていた。城ケ島沖の水深110メートルへ、仕掛けを投入すると糸が左斜めへズルズル~。「潮の流れが速いので小まめにタナ取りしてくださいね」と小笠原義勝船長。きょうは鬼カサゴより潮との勝負みたい。“潮を制しろ”と題して、鬼退治がスタートです。

 糸を出しても、すぐに仕掛けが浮いてしまう。糸を出し過ぎればオマツリ必至なので加減が大事。潮が少し収まったと思ったら、ここぞとばかりに出した分だけ糸を回収します。定位置に収まったときに、“ガクン”。電動リールのスイッチをオン。50メートルまで上げたところでガクガク。鬼カサゴの特徴が出て、本命と確信です。300グラムと小型ながらも、開始30分で鬼退治成功だ。

 底の確認も含め10秒ごとに誘いを入れる。ゆっくり1メートル上げ、鬼カサゴをイラっとさせるぐらいに、じらしながら下ろす作戦。ガクン。サイズアップを予感させて上がってきたのは600グラムの良型だ。鬼カサゴ初挑戦の山野本克俊さん(65、練馬区)は700グラムの良型で続き、「これで鬼カサゴ飯が食べれるよ」とうれしそう。超高級魚を目の前に釣り味から食味へ、釣り人特権の醍醐味にありついたようです。

【続きを読む】

  • 海面にポコッと赤色が。たまらなくうれしい瞬間だ
  • 『えいあん丸』がポストカードに。義勝船長(右)の息子、拓磨船長(左)の友人が描いたという
  • トゲは毒があるので注意。ハサミで処理をしよう
  • 当日の仕掛け