2020.7.21 12:00(1/2ページ)

2年連続好調、湘南キス 50尾超の釣果続く

2年連続好調、湘南キス 50尾超の釣果続く

トモの常連が仕留めた良型シロギスのダブル。2本竿で数を伸ばし竿頭になった=相模湾・茅ケ崎沖

トモの常連が仕留めた良型シロギスのダブル。2本竿で数を伸ばし竿頭になった=相模湾・茅ケ崎沖【拡大】

 湘南の海で今年もシロギスが釣れている。一時は壊滅状態で乗合船を出せないほどだったが、昨年から魚影が戻ってきた。開幕当初からコンスタントに50尾オーバーの釣果が続く。釣れているのは中型主体で、天ぷらや焼き物などで頂くには打って付けサイズだ。湘南キスの捕獲へ、神奈川県茅ケ崎市・茅ケ崎『まごうの丸』に出かけた。

 梅雨空の下、相模川の河口付近へ。航程15分。ポイントを熟知している三橋勇樹船長は迷うことなく船を止め、「投げて探ってくださいね。船下だけだと数が伸びませんよ」とゴーサインだ。

 周りは全員テンビン仕掛け。東京湾では胴突きが主流だが、常連さんいわく、相模湾はほぼ砂地なのでテンビン仕掛けで海底を引きずる方がいいとか。私もテンビンをセット。餌のジャリメを口から刺し、真っすぐになるようにハリ先を抜き、前方へキャストした。

 水深は17~18メートル。着底し糸フケを取り、オモリのテンションを感じながら底付近をズリズリ引きずるイメージでアタリを見る。トモとミヨシでリーリング。2人同時に抜き上げたのは20センチ前後の良型キスだ。

 後れを取ったと気が焦る。回収し餌をチェック。垂らしがかじられている。食い込みが浅いのか。3度投げてアタリがない。小移動後、きき上げたとき、プルプルと竿先が揺れた。きき合わせる。グンっと重みが加わり、次にクックっと引き込み。19センチの第1号を抜き上げた。

 単発ながら飽きない程度に型を見る。特大もピンギスもなく、型は18~23センチでまとまっている。トモで慎重なやり取りが始まった。上がったのは約40センチのホウボウ。大型マゴチも釣れるそうだ。

【続きを読む】

  • こちら和竿でダブル
  • 竿頭が釣った良型揃いの56尾。天ぷら何人前分?!
  • 当日の仕掛け