2020.7.15 12:00

【松本ひでおのオフは釣り三昧】“切り札”金魚釣りでうさを晴らしました

【松本ひでおのオフは釣り三昧】

“切り札”金魚釣りでうさを晴らしました

金魚を釣った松本アナ

金魚を釣った松本アナ【拡大】

 今年の梅雨は最悪の長雨ですね。

 先週は釣行予定日が2回とも雨。週末は初の有観客試合となったほっともっと神戸の巨人対ヤクルトを実況の予定だったのですが、これも雨で中止。サンスポMデスクからは「関西で釣りしてきてくださいよ♪」とLINEが来ましたが、折からのコロナ禍で、出張中は会食や不要不急の外出を控えるように! とお達しがあったのです。

 てなわけで今回やってきたのは東京・阿佐谷の老舗釣り堀『寿々木園』さんの金魚釣り。年に1、2回使わせていただいている“切り札”です。これがある限り、私の釣りはどこかの野球チームのように、最後に駒がなくなったりはしません(汗)。

 ただし、この時期の金魚釣りは難しい。“餌盗り名人”クチボソの攻撃がスゴいのです。派手にウキが動くときは大概コイツら。1ミリくらいピクッと動く瞬間を見逃さないようにします。1時間で8尾。中に箱型金魚といわれる高級魚のリュウキンが1尾=写真。

 都会のど真ん中の異空間でウキに集中しているしばしの間、うさを晴らしました。(フリーアナウンサー)