2020.7.8 12:01(1/3ページ)

ブランドアジで夏バテ予防だ!半日でトップ50尾超も 東京湾・走水沖

ブランドアジで夏バテ予防だ!半日でトップ50尾超も 東京湾・走水沖

37センチのこれぞ“ブランドアジ”。ゲットした川目記者はご満悦=東京湾・走水沖

37センチのこれぞ“ブランドアジ”。ゲットした川目記者はご満悦=東京湾・走水沖【拡大】

 神奈川県横須賀市・走水『海福丸』で“ブランドアジ”が程よい脂を抱えておいしいモードまっしぐらだ。デカさが別格で、半日50尾超の日も出現し、平均は20~30尾と小気味良い引きで竿を揺らしている。普段はゲンを担いでアジを食べないという船長に代わって、常連さんが絶品アジ料理を紹介。朝はゆっくりの午後釣りで出撃です!!

 右向けば「午前はタナ2メートル、低めで釣れたよ」と竿頭の常連で、今回アジの絶品料理を教えてくれた大山利光さん(55、横浜市)。左を向けば「下バリに使ってみて」と青イソメを差し出してくれた『海福丸』歴35年の名人、いや仙人級!? の三上征男さん(81、横浜市)。名人2人に挟まれ恐縮しながら、下バリに青イソメを付け、タナは底から2メートル。名人が教えてくれた“合わせ技”を走水沖の水深50メートルへ投入だ。

 1投目で船中にアジが上がったものの、私の竿は変化なし。周りでジージーと巻き上げ音。両名人は早くもコマセの入れ替えだ。アジはコマセで寄せる魚。“釣れないときこそコマセをまく”がこの釣りの鉄則。2人のペースに合わせ、私もコマセワークに奮迅です。

 それに応えたのか、海底からググッ。海面に現れたのはこれぞ走水の幅広ちゃんのアジ。が、取り込み中、ポチャン…。アジは口が弱いお魚、皆さんご用心を(泣)。

【続きを読む】

  • 手前の三上名人は独特の間合でフワッとコマセを出す
  • アジのぬか漬け焼き
  • 当日の仕掛け