2020.6.24 12:00

7月2日からマダラ釣りスタート 京都・宮津大島「新幸丸」

7月2日からマダラ釣りスタート 京都・宮津大島「新幸丸」

水深200メートルの深海から大型マダラをゲット

水深200メートルの深海から大型マダラをゲット【拡大】

 京都・宮津大島の新幸丸(宮立建司船長)は19日、経ケ岬沖でマダラの試し釣りを行った。7人で52~94センチを36匹とまずまずの釣果。潮速く釣りづらかったものの、大阪府摂津市の田中敏哉氏が13匹を仕留めて竿頭になった。仕掛けは胴つき3本バリでエサはサンマの切り身。マダラの乗り合いは7月2日からスタートする。

 朝5時ごろ出船。料金は1人・1万6000円(エサ・氷付)。オモリ150号、仕掛けは1組800~1000円で販売。問い合わせは0772・28・0160へ。