2020.6.12 12:00(1/3ページ)

【ヘラブナ】サワリの出方に応じて竿を使い分けて大型出た

【ヘラブナ】

サワリの出方に応じて竿を使い分けて大型出た

黄色味を帯びた41センチの肉厚腹パン。大型多数だ

黄色味を帯びた41センチの肉厚腹パン。大型多数だ【拡大】

 山梨・富士五湖の一つ『西湖』は、型が自慢の山上湖を代表するヘラブナの好釣り場。新型コロナウイルスの感染拡大防止による休業が明け、今月1日から再開した。早速、様子を見に出掛けてみた。

 ★概況

 標高900メートルにあり、周囲は約10キロ。最深部は73メートルもあり、抜群の透明度を誇る。4月18日から5月いっぱい休業。6月1日に再開すると、3日から乗っ込みが始まり順調な釣れ出し。40センチ以上の大型が多数交じるなど旬だ。

 ★ポイント

 イチオシは「くわるびロープ」。底藻の繁茂が著しく、ヘラの格好の居付き場となっている。「坂下ロープ」も同条件を備えていることから人気。

 ★釣り方&餌

 いずれのポイントも底釣りでの実績が高いが、今年は昨年と比較して60センチほど水位が高く、現在まで宙釣りでも釣れている。竿は13~24尺をポイントや状況に応じて使い分ける。餌は両ダンゴ。

【続きを読む】

  • 穂先が水中に突き刺さり、竿が満月に。山上湖での釣りは気分爽快だ
  • 西湖の位置図