2020.6.9 12:00(1/2ページ)

お待たせ!外房・小湊沖、マルイカ上昇気配 ゲーム性を楽しもう

お待たせ!外房・小湊沖、マルイカ上昇気配 ゲーム性を楽しもう

竿頭はマルイカを連チャン。攻略しがいがあります=外房・小湊沖

竿頭はマルイカを連チャン。攻略しがいがあります=外房・小湊沖【拡大】

 遅れて上昇気配の外房・小湊沖のマルイカが釣れている。日によりムギイカ優勢のときもあるが気配は十分のようだ。ご当地は“小湊サイズ”のアカイカが有名だが、今はどうやら小型主体らしく、マルイカらしいゲーム性の高い釣りができる。ちびマルイカの刺し身やイカ飯は表現できぬほどおいしい。千葉県鴨川市・小湊『寿々木丸』へ向かった。

 海は凪、空は曇りでマルイカ釣りには絶好とあって、期待を胸に出船した。航程15分の港前。鈴木達也船長から開始の合図が出た。「水深65メートル、どうぞ」。60号のオモリを軽く投げ込み着底。ゼロテンションで竿先をにらむ。微妙な竿先の変化が見えたら即合わせだ。

 どれがアタリか船の揺れか。周囲ではムギイカ交じりでポツポツ釣れている。船長はアタリがないと見切ると即移動。タッチ&ゴーのスタイルだ。周りは次々釣れ、オデコは私一人に。

 11投目でそのときが来た。着底と同時に竿をギューンと立てる。重みが加わった。ノった! 10回ほど手巻きし、電動のスイッチを入れる。糸をつかみ、引き寄せると茶褐色のスルメの赤ちゃんがスッテに抱き付いている。通称鉛筆サイズ、胴長約10センチのムギだ。

 なんとなくノリが分かるようになり、流し替えるたびに釣れる。ムギばかり4尾だが、マルイカは依然0尾。この時点でトップは2桁の釣果。マルとムギの比は5割。釣り方が違うのか。

 少し見学し、見よう見まねでやってみる。着底後、ゼロテンにして数秒待つ。底からきき上げて、上からたたき下げ、ゼロテンへ。アタリがなくても定期的に空合わせでギュン。重みがグッと加わった。引きは弱いがノっている。マルイカ来い! 上から3個目、ブルーのスッテに待望のマル。手乗りサイズだが、やっと本命ゲットだ。

【続きを読む】

  • ムギイカばかりでなくスルメ級も交じった
  • 誘いを入れて竿先に集中だ
  • カラーバリエーション豊富なスッテ。手を替え品を替え攻略だ
  • 当日の仕掛け