2020.6.5 12:00

【ちょこっと釣行っと】テナガエビ、本格シーズンへ ファミリーにピッタリ

【ちょこっと釣行っと】

テナガエビ、本格シーズンへ ファミリーにピッタリ

今井寿美礼さんが釣った良型のテナガエビ。これから存分に楽しめる

今井寿美礼さんが釣った良型のテナガエビ。これから存分に楽しめる【拡大】

 5月のゴールデンウイークが終わったころから、各地の河川でテナガエビの釣果が聞かれ始めた。ビビビッと小気味よい引きでクセになっちゃうテナガエビ。ファミリーでカップルで釣って楽しく、食べておいしい! これからの本格シーズンに向けて、フィッシングライターの今井寿美礼さんが千葉・花見川に出掛けた。

 テナガエビが釣れ出すタイミングとあって、河川のウオーキングコースに出掛けた。訪れた花見川は、遠くからの潮風が気持ち良い。休憩を兼ねてテナガエビを探してみる。180センチの振り出しの竿にウキ仕掛け。餌は赤ムシでエビバリの2号にチョン掛けと簡単だ。

 テナガエビは夜行性なので、日中は障害物などの物影にいることが多く、そこを狙う。根掛かりに気を付けながら探っていると、ウキがモゾモゾと動き出した。ハサミで餌をつかみ、口へ運んで食べるので早合わせは禁物。ウキが沈み始める。ゆっくり竿を立てるとビビビッ! エビ特有の引き。卵を抱えたメスのテナガエビだ。

 沈んでいる石の周りに仕掛けを垂らすと、すぐにウキが引き込まれた。今度は4センチほどのハゼの子だった。

 障害物で影になっているところを見つけた。ウキがチョンと沈み、深い方へ引かれていく。ひと呼吸おいてからゆっくりきき上げるとビビビッ! 魚と間違えるくらいの強い引き。長い腕を広げて上がってきたのは、腕の長さを含め9センチの良型のオス。かっこいい!

 おつまみ用に10尾ほど釣り、小気味良い引きを楽しむことができた。釣りはもちろん、とてもおいしいので、ちょこっと釣行にお勧めです。(今井寿美礼)

 ★ポイント

 日中は障害物や影になっているところが狙い目=写真〔1〕A、B。

 ★タナ取り

 ウキ下はオモリが底に着くぐらいで。ウキは浮力より少し重めのガン玉をセットして、ウキを水面下1センチほど沈ませておく=同〔2〕。ウキを沈ませると、抵抗がなくなるため、テナガエビが餌をくわえたときに違和感を与えにくくするのだ。あまり重いガン玉をセットしすぎると、今度はオモリが抵抗になるので、注意したい。

 ★餌付け

 エビバリやタナゴバリに赤ムシを1、2尾チョン掛けする=同〔3〕。赤ムシは赤色が抜けてしまったら新しく付け直そう。

 ★アタリ

 ウキがピクピク動き出し、ゆっくり沈んでいくことが多い=同〔4〕。テナガエビが餌を見つけて運んでいるため。

 合わせ方 テナガエビが餌を食べ始めると、ウキの動きが止まるのでゆっくりきき上げよう=同〔5〕。早合わせは禁物だ。

  • 写真〔1〕A
  • 写真〔1〕B
  • 写真〔2〕
  • 写真〔3〕
  • 写真〔4〕
  • 写真〔5〕
  • 当日の仕掛け