2020.5.27 12:00(1/3ページ)

アジ堪能♪釣った釣った36匹!美緒ちゃん絶好釣/関西フィッシング

アジ堪能♪釣った釣った36匹!美緒ちゃん絶好釣/関西フィッシング

特集:
関西フィッシング
良型アジを36匹仕留めて竿頭になった美緒ちゃん=湯浅港(撮影・渡邊大輔)

良型アジを36匹仕留めて竿頭になった美緒ちゃん=湯浅港(撮影・渡邊大輔)【拡大】

 和歌山・白崎沖の沈船回りで丸アジ&平アジが絶好釣だ。アベレージは25~35センチ。時に50センチオーバーのデカアジが飛び出すからたまらない。お造りヨシ!開きヨシ!スイッチが入れば2連、3連で鈴なりで釣れることも珍しくなく、入梅後はイサギ交じりで楽しめそうな雰囲気だ。和歌山県湯浅町の湯浅港に船を置く「玉市丸」(梅野宣則船長)に釣り女師コラムニストの住田美緒ちゃんが乗船し、ウィーリーサビキで旬のアジ釣りに挑んだ。

 夜も明けきらぬ午前4時半、湯浅町にある玉市丸の事務所に集合。クーラーボックスなど重たい荷物を軽トラの荷台に載せ、港まで徒歩で移動します。

 5時出船。約50分で白崎沖の沈船ポイントに到着しました。ジャンボサイズのイサギやアジが期待できるとのことで、とても楽しみにしていたこの取材。さて、釣果はどうなるのでしょうか-。

 釣り方は流し釣りで、和歌山の船釣りでお馴染み、鉄仮面を用いたウィリー釣りに挑戦です。さっそく1投目を投竿して様子を見ます。

 おや?潮が動いてない?

 この日の潮はほとんど流れず、「自らリアクションをしないと魚は釣れないよ」と息子さんの梅野航希副船長。

 その後、トモに釣り座を構えた常連にヒットあり! 上がったのはジャンボイサギでした。私の釣座は右舷ミヨシで潮上になっていました。エサはトモに向かって流れていきます…。エサまき状態の釣座の竿に魚は食ってくれるのでしょうか。

 ここで釣れるアジは2種類いて、平アジ(マアジ)と丸アジに大別されます。平アジは血合いが少なく、釣り人の間では「平アジの方が刺し身に向いてる」と言われるそうで…これは両方釣って味比べしてみなければ。

【続きを読む】

  • 良型アジを手に笑顔の美緒ちゃん。後半は入れ掛かりだった
  • 常連にヒットした50センチのビッグアジ(上)
  • 62センチのヒラメを釣った堺市の山崎真作さん
  • 副船長
  • 玉市丸アジ釣り仕掛け
  • 玉市丸