2020.5.22 12:00

【ちょこっと釣行っと】今井寿美礼さん新緑散歩タナゴ釣り(2)

【ちょこっと釣行っと】

今井寿美礼さん新緑散歩タナゴ釣り(2)

タナゴを釣った今井寿美礼さん。散歩がてらちょこっと釣ってみよう

タナゴを釣った今井寿美礼さん。散歩がてらちょこっと釣ってみよう【拡大】

 まだ梅雨の前というのに、気温が上がり夏日が増えてきた。前回釣行した関東近郊の沼周辺を散歩。タナゴのポイントに着く頃にはいい汗が。水分補給をして休憩を兼ねてちょこっと竿を出す。前回の竿は短く、思ったポイントに仕掛けが届かなかったので、21センチの3本継ぎ(全長63センチ)のタナゴ竿でトライしてみた。

 タナゴは、なかなかハリ掛かりしない。ついばむように餌を食べるからだ。親ウキの下にシモリ玉の仕掛けはタナゴの繊維なアタリを逃さない。

 仕掛けの目安としては5つ付けるシモリ玉のうち、1番下と下から2番目が見えるようにするとよい。あらかじめ設定したタナの深さにある親ウキと、一番下にあるシモリ玉との間に等間隔でシモリ玉をセットした。

 小さなタナゴバリにグルテン餌を引っ掛けて水草の陰へ仕掛けを入れる。ちょんちょんと誘って止めると、1投目からツツッーと親ウキが斜めに沈んだ。タナが深すぎて藻エビがイタズラしているようだ。

 タナを3センチ上げてみる。キラッと魚がひらを打った。タナゴが集まりシモリ玉が動き出す。下から3番目までのシモリ玉が横に走った。そっと引き合わせる。ファーストフィッシュは4センチのオス。婚姻色が出て、きれいだ。

 時折アタリがなくなるものの、ひと回り小さいメスも交えながら6尾のタナゴに癒され、後半の散歩へ戻った。繁殖期を迎え、ちょうど婚姻色が出てきたバラタナゴは宝石のように美しい。これから婚姻色が濃くなり、さらに楽しめそうだ。(今井寿美礼)

 ◆長めの竿で5ステップ攻略

 餌の付け方

 マルキユーの「タナゴグルテン」と水を1対1の割合で作ったグルテン餌をビー玉くらいに丸め、ハリスを引いてハリ先にグルテンの繊維を引っ掛けるように付ける。

 誘い方

 釣り始めは、寄せを意識して餌を打ち返す。タナゴは臆病だが、好奇心も強く上から落ちてくる餌によく反応する。仕掛けをちょんちょんと上下に誘い食わせる間を入れるとよい。

 アタリの出方

 タナゴのアタリは、親ウキを上下するようなアタリより先にシモリに現れることが多い。シモリがちょこちょこ動いたり横に動いたり。そのときによってさまざまなアタリが出る。シモリがあると、繊細なアタリも分かりやすい。

 合わせ方

 竿を立てるのではなく引くように合わせる。

 取り込み方

 タナゴはハリ掛かりすると元気に暴れる。抜き上げるときにバラしてしまうことも。テンションをかけたまま低い位置で素早くキャッチ。そして落とし桶へ。

  • 餌の付け方
  • 誘い方
  • アタリの出方
  • 合わせ方
  • 取り込み方