2020.3.26 12:01(1/3ページ)

【バスプロ山木一人のゴーゴールアー】午前タチウオ午後はアジ ルアーで丸一日“東京湾満喫”

【バスプロ山木一人のゴーゴールアー】

午前タチウオ午後はアジ ルアーで丸一日“東京湾満喫”

幅広のタチウオを釣った山木プロ。良型揃いに満足です=東京湾・猿島沖

幅広のタチウオを釣った山木プロ。良型揃いに満足です=東京湾・猿島沖【拡大】

 東京湾で人気の船釣りターゲットといえば、タチウオとアジ。例年三浦半島を回り込む深場に落ちているはずのタチウオだが、今季は近場に残ったままで狙いやすくサイズがいい。食味も含め手軽で狙いやすいアジも好調をキープ。そこで今回は神奈川県横須賀市・横須賀安浦『こうゆう丸』で午前タチウオ、午後アジをルアーで狙い、丸一日“東京湾満喫釣り”を楽しんできた。

 タチウオ用メタルジグは、水深や潮流に対応できるように60~150グラムと幅広く揃え、カラーは定番のピンクや紫をベースに赤金やシルバー、できれば細身のロング系とずんぐりむっくりしたショート系を用意したい。アクションはワンピッチジャークを主体に、スピードを変えたり、シャクリ幅をいろいろ試すとパターンをつかみやすい。

 アジのバチコンでは、狙う水深が幅広いことがあり、5~20号のオモリが必要。ジグヘッドは0・6~1・5グラムでややハリがしっかりしたものの方が大型がヒットしたときに伸ばされる心配がない。ワームはアジ・メバル用でピンクや蛍光カラー、白や赤など。何色が当たるか分からないので数多く用意して試すと良い。船長の指示ダナを守り、誘いの後に食わせの間をしっかり作れるかどうかで釣果が変わる。操作には集中しよう。

 平日にもかかわらず12人が乗り込んだ。さすが人気ターゲットだ。向かったのは港からほど近い猿島沖。あっという間に到着し、早速釣りスタートとなった。

【続きを読む】

  • タチウオがヒット!力強い引きも人気の秘密だ
  • 午後はバチコンでアジ。ハイ、バス持ちです
  • バチコンアジ用のワームはいろいろ準備しよう(下はタチウオ用フック)
  • 使用タックル