2020.3.25 12:01(1/2ページ)

【女子のミカタ】LTで春休みはアジ!屋形船はお花見シーズン満開♪

【女子のミカタ】

LTで春休みはアジ!屋形船はお花見シーズン満開♪

28センチのおいしそうな良型アジを釣った川目記者。こちらは笑顔が満開です=東京湾・横浜沖

28センチのおいしそうな良型アジを釣った川目記者。こちらは笑顔が満開です=東京湾・横浜沖【拡大】

 水深も浅く、オモリも軽い、子供やビギナーにお勧めなライトタックル(LT)で狙うアジ。束釣りが飛び出すほど好調な東京・品川『丸裕』では、アクセスの良さもうれしい要素だ。同宿が併営する屋形船は桜が見頃のお花見シーズン。新型コロナウイルスの風評被害に悩まされているが、消毒用アルコールや換気などで対策はバッチリ。お花見屋形ツアーの偵察がてら、好調な“アジ見ツアー”の仕立船にお邪魔してきました。

 お邪魔したのは、LTアジ船を仕立てた結成20年目の「遊友会」です。東京・浅草周辺の釣り好きが集まった同好会で、「釣った魚で一杯やるのがメンバーの楽しみ」という11人は、年に1回釣り旅行をするほど陽気な江戸っ子グループだ。除菌シートに、小分けされたおつまみで集団行動のコロナ対策もバッチリ。ミヨシにメンバーが集合し、ピクニック気分で出船だ。

 横浜沖の水深13メートル。春らしい日差しを浴びながら、餌の赤タンを付けた2本バリを投入します。「反応は濃く出てますよ」と丸裕二船長の言葉に対し、潮の流れはちょっと元気がないみたい。コマセの入れ替えをした3投目、ブルル。21センチの金アジが釣れると、すぐさま25センチとサイズアップ。さらに28センチが上がり、おいしい中サイズがバケツにぞろり。「夜は刺し身で宴会だね」「開きのサイズに最高」と、船内は食べることで頭がいっぱいのようだ。

【続きを読む】

  • 良型アジでピースする遊友会の爽やかイレブン。夜の宴会のことで笑みがこぼれます
  • 大きい窓で換気など対策はバッチリ。左から丸裕貴船長、裕二店主がおいしい料理でお迎えしてくれます
  • 当日の仕掛け