2020.3.11 12:00(3/3ページ)

一足早く“花満開”ハナダイ、サイズアップ!九十九里サイズ続々

一足早く“花満開”ハナダイ、サイズアップ!九十九里サイズ続々

FL60号のプラビシ

FL60号のプラビシ【拡大】

 ★ヒットパターンは変わる

 指示ダナ下限までビシを沈めたら、枝バリ間隔と同じ60~70センチ幅のシャクリとストップ、ポーズを繰り返し、タナ上限まで探る。シャクリは竿先を時計の7時から9時の位置へ持ち上げるイメージ。重要なのはシャクリ後のストップと、食わせの間となるポーズをしっかり決めて、メリハリをつけること。船長は「ヒットするシャクリの速度やポーズの時間は、その場そのときの潮によって変わる。いろいろ試してください」とアドバイスする。

 シャクリでガツンと掛かった場合を除き、どのようなアタリでも必ず合わせを入れること。九十九里サイズの引きは格別だ。ハリスが細いのでリールのドラグと竿の弾力を生かし、海面に浮上したら玉網で迎えよう。

ガイド

〈船宿〉サンスポ推薦=片貝『勇幸丸』電話0475・77・2594〈交通〉JR外房線・大網駅からサンライズ九十九里行きバスで真亀橋下車。マイカーは東金有料道路・東金ICから国道126号経由で九十九里有料道路・真亀ICを出て左折〈乗合料金〉餌コマセ氷付き1万1000円。貸し竿無料。沖アミ餌用3本バリ仕掛け300円、ウイリー併用4本バリ仕掛け500円。4時30分集合(予約時に確認)。毎月第2、4金曜日が定休。

  • 盛克己さん
  • 佐藤実さん
  • 尾羽はハサミで切り、切り口から丁寧にハリ先を入れて1尾付け
  • どのようなアタリでも必ず合わせを入れること。九十九里サイズの引きは格別だ
  • ハリスが細いのでリールのドラグと竿の弾力を生かし、海面に浮上したら玉網で迎えよう
  • ハナダイの標準仕掛け