2020.3.4 12:00(1/3ページ)

アマゴに泣き笑い 「あまご釣り大会」美緒ちゃんガチ参戦/関西フィッシング

アマゴに泣き笑い 「あまご釣り大会」美緒ちゃんガチ参戦/関西フィッシング

特集:
関西フィッシング
狙い通りアマゴをゲットした住田さん

狙い通りアマゴをゲットした住田さん【拡大】

 水ぬるむ春はアマゴ釣りの好機!! 2月27日、大阪府島本町で開かれた第13回尺代水無瀬川「あまご釣り大会」(尺代漁業協同組合主催、大西義雄組合長)に釣り女師コラムニストの住田美緒さんがガチ参戦した。なんと、アマゴ釣り初挑戦の住田さん。結果は13位とビミョー!?ながら、本人も驚きのサプライズが待っていた!!

 JR大阪駅から電車に揺られること約30分-。こんなに自然豊かな川があるなんて…。尺代水無瀬川で2月27日に開催された「あまご釣り大会」に出場してきました! エントリーは35人。キャンセル待ちが出る人気の大会で、今年で13回目を迎えます。

 実は、大会4日前の“コソ練”(別項)で自信を得ていた私。歴代名人がズラリと並ぶ開会式が終わり、とある名人と談笑していたところ、ハリのサイズについて助言がありました。

 「始めはアマゴの食いが良いから大きめのハリを使うと良いよ。バラシは禁物。釣れなくなるからねぇ」

 なるほど。あれ? 私のハリ、小さい? どうしよう…。開始5分前に仕掛けの緊急手術です! 山間部ゆえ冷え込みが厳しく、手が震えてうまく糸が結べないまま釣り開始の合図が…。

 皆さんより数秒遅れて1投目。さっそくアタリがあり、アマゴを水面から引き抜きます。食わせすぎたのか、ハリが丸飲みにされ、ハリ外しに時間を奪われる始末。

 エサのイクラをハリに付け、気を取り直して2投目。今度は飲み込まれないようにアタリとともに合わせました。

 すると、あ-、やっちゃった!! バラしちゃった-(泣)。動揺を隠せぬまま黙々と3投目。やはり、ハリを丸飲みにされてしまった。そこで、ハリスごと交換する作戦に変更。しかし、夜なべして自作した仕掛けが次々に消費されていきます。

【続きを読む】

  • 神降臨!?「わたし、持ってます!!」と飛び賞をゲット
  • 府内で唯一「名水百選」に選ばれた「離宮の水」の源は、この水無瀬川の伏流水だ
  • 最後に上位入賞者とともに記念写真を
  • コソ練で手応えはバッチリ♪
  • 住田美緒さんのあまごタックル
  • 第13回尺代水無瀬川「あまご釣り大会」成績
  • 尺代水無瀬川渓流釣場