2020.3.3 05:00

【甘口辛口】春場所は中止リスク背負ってまで開催する必要あったのか 凡戦増え相撲熱に水を差すようでは元も子もない

【甘口辛口】

春場所は中止リスク背負ってまで開催する必要あったのか 凡戦増え相撲熱に水を差すようでは元も子もない

 ■3月3日 『当地興行』は巡業など興行の最後に、別れを惜しんで唄われる相撲甚句としてなじみ深い。哀調を帯びた歌詞には「われわれ発ったるその後も お家繁盛 町繁盛 悪い病(やまい)の流行らぬよう…」との一節がある。場所は年2回で旅から旅の巡業が中心だったその昔は、火事や雷よりなすすべもない疫病の方が怖かったのだろう。

 8日初日の大相撲春場所は新型コロナウイルスによる感染症という「悪い病」のため、史上初の無観客開催を余儀なくされた。約10億5000万円の入場料収入は消える。NHKが通常通り中継することで1場所当たり5億円という放映権料は確保されても相撲協会の損失はあまりにも大きい。

 苦渋の選択で中止を回避したが、プロ野球やサッカーと違い砂かぶりやマス席との密接な距離感など視覚的な要素が強い大相撲での無観客は、どうにもイメージしにくい。お客は数えるほどでシーンとした館内に行司の声だけ響く、早い時間の序ノ口や序二段の取組のようになるのか。

 無観客が決まる前、大関貴景勝は「お客さんあっての相撲と思っている。(無観客は)モチベーションが難しい」と話していた。仕切りを繰り返すたびに大きくなる観客の声援で力士も気持ちを沸点にまで高めていく。相撲の勝負は仕切り制限時間の4分(幕内)に凝縮されている、といってもいいほどだ。

 気合が入らぬまま凡戦が増え相撲熱に水を差すようでは元も子もない。本場所は「技量審査」の目的もあるのはわかるが、力士から感染者が出たら即中止というリスクを背負ってまで開催する必要があったのか。いまは大阪「当地興行」15日間の無事打ち上げを祈るばかりだ。 (今村忠)