2020.2.12 12:01(1/2ページ)

外房・犬吠埼沖でノリノリ!大型ヤリイカ、50センチパラソル級出た~

外房・犬吠埼沖でノリノリ!大型ヤリイカ、50センチパラソル級出た~

パラソル級出た~!大型ヤリイカのダブルを釣った今井寿美礼さん=外房・犬吠埼沖

パラソル級出た~!大型ヤリイカのダブルを釣った今井寿美礼さん=外房・犬吠埼沖【拡大】

 竿を持つ手にうれしい悲鳴!? 外房・犬吠埼沖で大型のヤリイカが釣れ続いている。トップ30~40尾の好釣果が記録されており、これからロングランで楽しめそうだ。全長50センチのジャンボヤリイカのずっしりとした手応えを味わいに、千葉県旭市・飯岡『三次郎丸』に向かった。

 船は夜明け前に港を出た。「ポイントまでキャビンで休んでください」と滝沢健司船長。仮眠を取って目が覚めたころ、到着した。犬吠埼沖のポイントには根があり、最深で150メートル。群れが濃く、イカ船が集結していた。船長が反応を探している間に11センチプラヅノ6本のブランコ仕掛けを投入器にセットした。

 船長の合図で第1投。朝焼けの空に150号のオモリを投げた。水深は130メートル。着底して大きく誘い上げるとクンクンと小さなアタリ。魚かな? ノせ合わせるとガクンガクンと竿が叩かれた。上がってきたのは、ツノを丸飲みにした大きなサバのダブル。脂の乗ったうれしいゲストだ。

 新しいブランコ仕掛けに替えて、ゆっくり誘い上げるとズンと竿が重くなった。ヤリイカに違いないと巻き上げ始めるとまたガクンガクン。サバの猛攻でイカが振り落とされてしまった。

 風もなく波も低い。サバをかわすため14センチヅノの直結仕掛けに変更。オモリが着底すると同時にドスン! グングン引く。一番下のツノにヤリイカが見えた。大きい! 1尾目は胴長34センチのナイスバディだ。

【続きを読む】

  • 犬吠埼沖にはヤリイカの船団ができていた
  • 電動リールも釣果もうれしい悲鳴だ
  • 上がってきて大きさにビックリだ
  • ブランコ、直結