2020.2.4 12:01(1/2ページ)

お待たせ!ヤリイカ、ビッグに開幕 45センチ超の大型4点掛けにうれしい悲鳴

お待たせ!ヤリイカ、ビッグに開幕 45センチ超の大型4点掛けにうれしい悲鳴

大型ヤリイカの多点掛けにシビれる小菅さん=南房・白浜沖

大型ヤリイカの多点掛けにシビれる小菅さん=南房・白浜沖【拡大】

 南房の沖でいよいよヤリイカが釣れ出した。西から始まり徐々に東へ、そして北上という群れの移動パターンが温暖化のせいか近年なくなっている。どの地区でいつ釣れるか予測できない状況だが、遅れて始まった南房はこれから派手な釣果が期待できそうだ。今季の状況を調査しようと、千葉県南房総市・乙浜『しまや丸』へ向かった。

 前日のウネリが残り、北風が強く吹く中、船は進路を白浜沖のポイントへ進んだ。魚探に目をこらし反応に当てた島野一男船長が開始の合図。「水深200メートルです。サバが多いかもよ、反応は底付近です」。私を含め5人全員が直結仕掛けを使い、サバの影響はないと思われた。

 オモリが着底し、誘い上げるとフワッとサワリ。スローで巻くとグングン。幸先いいぞ! 電動のスイッチを入れ、20メートル巻き上げたところで、空いているツノにサバが猛アタック。直結なので掛かりはしないが、仕掛けを揺らしてイカを振り落とした。

 再度落とすと、すぐノった。サバをかわすため速目に巻く。しかし逆にアピールになるのか、さらにアタックされてバラシ。そんな中、胴長20センチの小型のメスのヤリイカが上がった。風と波の中、直結でこのイカを取るのはハイレベル。ツノ数を10本から7本に減らしてサバの邪魔を防ぐと同時に取り込みやすくした。すると、同型の3点掛け。「型が小さいね。東寄りへ移動します」と船長。釣れているのに? これが正解だった。

 水深は214メートル。着底と同時にノった。「全員巻いているよ」と船長のテンションが上がる。私は胴長40センチ超の大型の2点掛け。居合わせたフィッシングライターの今井寿美礼さんはスルメ交じりの4点掛け。マルキユー・ユーチューバーの佐々木政光さんは大型ヤリをダブルで上げた。

【続きを読む】

  • 40センチ以上のダブルにスルメ交じりの4点掛けの今井さん
  • 糸を手繰ると、イカの重みがズシリとのしかかる
  • 当日の仕掛け